アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

炭おこし?まかせてください!

11期インターン
2008年6月24日 更新
最初はあんなに苦労した炭おこし。もうコツは習得!最初はあんなに苦労した炭おこし。もうコツは習得!

二日に一度は食事当番がまわってくる。炭をおこしてご飯を炊くが、最初の頃は(炭の)火のつけ方さえ知らず何度も火がついては消え...を繰り返して時間がかかっていた。しかし、今は炭おこしにも慣れ、5分以内でご飯を炊く用意ができるようになった。自分の中では、ものすごい進歩だと思っている。

カオデーン農園には、野菜は畑で採れたものを使う。パックブン(空芯菜)は毎日のように食卓にあがる。毎日食べても飽きず、毎食食べてもいいくらいだ。日本の調味料もあるため日本食も作ることができる。タイ人はおいしくないものは「おいしくない。でも食べられるけどね」とズバッと言ってくる。お世辞でも言ってくれればいいのにと私は思うが...。

もち米を蒸してかごに入れる。もう一人で全部準備できます。これなら村に行ってからもすぐにお手伝いできる!もち米を蒸してかごに入れる。もう一人で全部準備できます。これなら村に行ってからもすぐにお手伝いできる!

初めは遠慮して食べる量を少なくしていたが、今は本当によく食べる。体重が植えないか心配だ。おいしいお米、野菜、家畜の豚や鶏、どれもおいしい。しかし、やはりおいしく感じるのは、皆で食べているからいっそうなのだろう。日本では一人で食事することが多く、ただ食べているだけの食事であった。今は、食べ物ってこんなにおいしいのかと心から思う。日本にいたら思えないことだったのかもしれない。

(宮田 敬子)

鶏をさばいているところ。鶏をさばいているところ。

二人とも料理の腕が着々とあがっています! 限られたもので、それも慣れない食材でタイ人相手に食事を作るのは簡単なことではありません。特訓(?)のかいがあり、今では二人とも魚をさばくのはもちろんのこと、鶏をさばくこともできるようになってきました。次の宮田さんの課題は、手の拳ほどある食用ガエルを手でつかめるようになることかな〜 イサーンに住むのに「きゃ〜ぁ!」なんて言っている場合ではありません!!

(森本 薫子)


第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net