アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

贅沢な休日

カオデーン農場 森本 薫子
2008年6月19日 更新

今日は日曜日です。農園に着てから2週間がたちました。オリエンテーション、農作業研修、タイ語学習、ご飯作り、農業局訪問、学校訪問など、盛りだくさんのスケジュールをこなし、やっと一息つけました。初めての、何の予定もない「お休み」の日です。

日差しよけのためのシートをかけていた支柱が、今はちょうどいい洗濯竿に!日差しよけのためのシートをかけていた支柱が、今はちょうどいい洗濯竿に!

インターンは朝から掃除、洗濯に励んでいました。ちょうどお天気もよく、畑には、洗濯物が気持ちよさそうに風になびいています。洗濯物がみるみる乾いていくのは本当に気分がいいものです。食事を作ったり、食器を洗ったり、洗濯したり、掃除したり、モノを作ったり直したり・・。生活に必要なことを楽しめると、こんな休日の過ごし方がとても贅沢に思えてきます。

食器洗い場。最初のたらいでさらっと洗い流して洗剤(石鹸)をつけ、2番目のたらいで洗剤を流し、最後のたらいですすぐ。このやり方だと水が節約できる。広々しているので、たくさん洗う食器があっても苦にならない。食器洗い場。最初のたらいでさらっと洗い流して洗剤(石鹸)をつけ、2番目のたらいで洗剤を流し、最後のたらいですすぐ。このやり方だと水が節約できる。広々しているので、たくさん洗う食器があっても苦にならない。

平日に死ぬほど働いてお金を稼ぎ、生活に必要なことは業者に頼み、余暇は旅行やエンターテイメントにお金を費やす都会の生活。それだけにお金がないことへの不安は計り知れません。タイの農村生活では現金収入は少ないけれど、その分時間を使って何でも自分でやります。食べ物を自分で育て、炭を熾し、鶏をさばいて時間をかけて料理をする。モノを自分で作り出し、壊れたら自分で修理する。現金は本当に「お金」として必要な分だけあればいい。生活に必要なほとんどのことは、自分の手を使ってできてしまう。この安心感が心の余裕を生むのかもしれません。

ワラヤー先生と宮田さんが寝泊りしている家。去年の10月に、デーンと下田くんと叔父さん二人が建てた。ワラヤー先生と宮田さんが寝泊りしている家。去年の10月に、デーンと下田くんと叔父さん二人が建てた。

今日は、金森くんが勉強用の小さな机を作ろうと、大工仕事に精を出しています。さて、できあがるのはいつ? 
(森本 薫子)


第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net