アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

豊かな食をつくりだすカオデーン農園へ!

タイ事業担当 下田 寛典
2008年3月27日 更新

朝にコンケン県を出発しムクダハン県にあるカオデーン農園に向かいました。車で約4時間の道のりです。

まずはカオデーン農園をご紹介します。JVCは2003年までバンコク市郊外で自然農業を実践するモデル農園を運営し、自然農業や有機農業についてNGOスタッフや農民を対象に研修機会を提供してきました。当時の研修生のひとりデーンさんが、2004年12月にここムクダハン県で農園を開きました。はじめはサトウキビ畑が一面に広がる土地で、土はどこも硬かったと言います。自然に近い状態に戻していく過程で現在は有機農業を実践しています。

お昼過ぎに到着して、農園をぐるりと一回りしました。オクラやササゲ、トマトにトウモロコシ。パパイヤ、バナナなど本当に様々な野菜・果樹が植わっていて、つい2年前にここが一面のサトウキビ畑とは思えないほどでした。

野菜の水やりを体験しました野菜の水やりを体験しました

隣のおじさんの畑も覗いて水やりのお手伝いをしました。池の水を汲んでそれを畑に運び野菜に水をやる。文字に起こすと簡単に見えるこの作業も実際に水を持って運んでみると大違い! これをおじさんは朝夕、それぞれ20往復するそうです。すごいね、おじさん。

ナマズを養殖池から捕っているところナマズを養殖池から捕っているところ

夕方になって夜ご飯の準備にかかりました。メインディッシュはナマズの塩焼きです。池に養殖をしているナマズを網ですくって捕らえ、すぐさま台所へ。内臓を落としてから網焼きにします。炭火の遠赤外線でじっくり焼くのがコツです。これとカオニャオ(もち米)さえあればもう何もいらない! それくらい美味い!

晩御飯はこのナマズにもち米、豚のラープ(豚ミンチの炒めもの)、生野菜、池の魚のスープです。晩御飯に並んだもののほとんどがカオデーン農園産です。食のバラエティがあって本当に豊かですね。何しろ2年前にはサトウキビだけ。2年間でこれだけやってきたデーンさんの底力を感じました。

カオデーン農園産ばかりの晩御飯カオデーン農園産ばかりの晩御飯

さあ、明日は農業体験です。


2008年3月のツアー の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年3月19日 更新まちの朝市にて
2008年3月17日 更新タイに向けて出発!
2008年3月17日 更新バンコクからコンケンへ
2008年4月 3日 更新農作業の後のご飯は美味い!
2008年4月 3日 更新僕はいま地球にマンゴーを植えている
2008年3月27日 更新豊かな食をつくりだすカオデーン農園へ!
2008年3月24日 更新子どもを連れて畑へ
2008年3月24日 更新ゴミ捨て場で暮らす人たち
2008年3月20日 更新農民の誇り
2008年4月 3日 更新参加者からの感想&まとめ

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net