アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

卒業生、それぞれの進路

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2009年6月29日 更新

ある日、JVC整備工場のサイモン工場長が深刻な顔つきで私のところにやってきました。「卒業生のムレカジョが今何をしているか、知っているか?」ムレカジョは、2007年に入学した第1期研修生で、2008年12月に卒業しています。

「まだ就職活動中だと聞いているけど、どうして?」と私が尋ねると、サイモンさんは「市場の近くの雑貨屋で彼が店番をしているという話を聞いたんだ。店番の仕事をするために技術研修を受けさせたのではない」と、すっかり落胆した表情です。

「内戦が終わり難民キャンプから戻ってきた彼らにとって、この研修は、またとないチャンスなんだ。それを無駄にしてはならない。卒業生たちは、全員がクルマに関する仕事に就かないといけない」と力説するサイモンさん。研修生たちを厳しく指導している彼にとって、研修の成果を将来に生かして欲しいという思いは人一倍強いのでしょう。

「就職が決まらないなら、どうして私たちのところに相談に来ないんだ。就職活動の支援はできるのだから、ムレカジョを呼んで話をしよう」と言う私に、サイモンさんは「卒業して半年近くが経つし、もう整備技術を少し忘れてしまっているのかもしれない。しばらくこの整備工場で再訓練をしながら就職活動をさせるのが良いのではないか」と提案してきました。

サイモンさんがそう言うなら、私に異論はありません。私たちは、それを「リフレッシュメント・コース」と名付けました。再訓練(研修)の期間は3か月限定、研修生手当は出すが、その間に就職活動をすることが条件です。

さっそくムレカジョを呼び出して話を聞くと「卒業後、3ヶ月ほど村に帰っていたので、就職活動ができなかった。ジュバに戻ってからヒマだったので兄の雑貨店を手伝っていた」とのん気なことを言っています。「整備士になる気はないのか」と尋ねると「もちろん、なりたい」「だったらリフレッシュメント・コースをやる気あるかっ」「ある」「よしっ。作業着持って明日の朝から来いっ」ということで、さっそく再訓練が始まりました。

第1期の卒業生14人のうち、6人はそのままJVC整備工場に就職、4人が整備士やドライバーとして国連やNGO、南部スーダン政府、民間企業で働いています。残り4人のうち、1人は警備員の仕事に就き、1人は交通事故のため療養中、その他2名が就職活動中です(そのうちの一人がムレカジョ)。もう一人、就職活動中の卒業生にも「リフレッシュメント・コース」に参加しないかと声を掛けているところです。

卒業生たちは、時々JVC整備工場に顔を出しに来てくれます。整備の腕前が確かなアルフレッドは、一度の転職を経て、今はNGO「国境なき医師団」の整備士です。北バハルガザル州という南北境界線に近い地域に派遣され、現地での車両整備を任されています。

休暇でジュバに戻ってきたアルフレッド(中央)。去年の研修生仲間と久々の再会休暇でジュバに戻ってきたアルフレッド(中央)。去年の研修生仲間と久々の再会

ジョセフィンは就職活動に苦戦していましたが、5月、ついに就職が見つかりました。UNMIS(国連スーダンミッション)のジェネレーター・メカニック(発電機担当整備士)です。でも、JVCの研修内容は車両整備なので、発電機の修理方法は教えていません。エンジン部分の修理はできても、電気システムは難しいはずです。「ジョセフィン、発電機の整備なんてできるのか?」と尋ねると、「同僚の人たちは私が車両整備の研修しか受けていないことを知っているので、丁寧に教えてくれるの」との答え。なんていい人たちなんだ!

就職先の決定をサイモン工場長(右)に報告するジョセフィン就職先の決定をサイモン工場長(右)に報告するジョセフィン

モモは南部スーダン政府のドライバーです。先日は自分が運転するクルマの整備のために上司を連れて工場にやってきました。去年までは研修生だったのに、今では「お客さま」に昇格です。工場の整備士たちと談笑しているうちに、モモは傍らで働く「リフレッシュメント・コース」のムレカジョを発見。「あれ、おまえ、こんなところで何やってるんだ?」ムレカジョが再訓練中だと知ると、「そうか。ハハハ、頑張れ頑張れ」とモモ。「うるさい。余計なお世話だ」と切り返すムレカジョ。

研修を終えて半年、卒業生たちのそれぞれの歩みが始まっています。

再訓練に取り組むムレカジョ。「頑張っているし、きっと就職も見つかるよ」と整備士たちも評価再訓練に取り組むムレカジョ。「頑張っているし、きっと就職も見つかるよ」と整備士たちも評価

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net