アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ガザ:眠れない夜

パレスチナ現地調整員 津高 政志
2010年7月31日 更新

ガザ地区の中で家庭訪問などの仕事を終えると、いつものようにガザ市内のホテルに宿泊することになります。国連の安全基準をクリアしているホテルは現在2つしかなく、そのうちのひとつが今日の宿泊場所です。

前日に予約をした部屋に案内されると、僕の部屋はまだ掃除が済んでおらず、ボーイが「もうちょっと待っててくれ」と言います。さらにもらった鍵がうまく回らず、「鍵がかからないよ」と言うと、「違う鍵を持ってくるから、もうちょっと待っててくれ」と言います。結構がんばってるんだけど、ちょっと惜しいところが「ガザだなぁ」と僕は思います。それでも安全には配慮しているはずなので、とりあえずは安心です。

夜になり、僕は部屋で自分のノートパソコンを使っていました。すると、「ドン、ドン」という大きな音が立て続けに響き渡り、衝撃波がすぐに地響きとなってホテル全体を小刻みに揺らしました。さらに機関銃と思われる乾いた音がパラパラと続きます。確実に何らかの攻撃音ですが、とっさのことでどうしたらいいかわかりません。腕時計を見ると23時25分。部屋を出て階段を下り、ホテルのフロントに行ってみることにします。ひとりの男に「何があった」と聞くと、「おそらく戦闘機だ」と言います。その間にも遠くの方で何らかの攻撃音が耳に届いてきます。もう一人に聞くと、「何だかわからないけど心配はするなって。ここでは戦争は毎日毎晩のことさ!」と明るく言いました。文字通り毎日毎晩のことではないにしても、「いつ空爆があってもおかしくはない」という状況が毎日毎晩続いているという意味では、今晩空爆があったところで驚くには値しないことなのかもしれません。これまでガザで見てきた空爆された後のビルの残骸が、またひとつ増えたのか、と頭の中で考えていると、外で救急車がすごいスピードで通り過ぎました。

現地パートナー団体や、ガザ地区の安全情報を配信しているNGOからの情報で、午前0時までにわかったことは、この空爆はガザ市内の警察施設を狙ったものであったということでした。それらの情報をもとに、これからの行動をどうするか決定します。今回の空爆は明確な標的があり、継続的なものではないということから、このまま場所を変えずに就寝することになりましたが、もちろん良く眠れたとは言い難い夜でした。


ガザ・栄養改善支援 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2015年5月21日 更新ガザの現実(6) -子どもの栄養失調予防事業近況報告
2015年5月13日 更新事業パートナー・アマルの「ガザ終戦」
2015年4月21日 更新ガザの現実(5)- 戦争と封鎖の影響で、深刻な健康被害が広がっています
2015年4月14日 更新ガザの現実(4)- 戦争中の避難所の様子(EHSTの聞き取りから)
2015年3月14日 更新ガザの現実(3)- バンクシーが、ガザにグラフィティアートを描いた
2014年7月23日 更新ガザの声「自分の家も砲撃で壊されてしまったし、近くにいたお母さんの家も壊された。ベイト・ハヌーンには何もなくなってしまったよ」(7月22日付)
2014年7月21日 更新ガザの声「24時間のうち4時間しか電気がきません。発電機のためにガソリンを貯めていましたが、あと20リットルしか残っていません」(7月18日付)
2014年7月19日 更新ガザの声「昨夜から今朝まで催涙弾の匂いがしており、イスラエル軍が近くに来ているのを感じています」(7月18日午後9時付)
2014年7月18日 更新ガザの声「地元ニュースでは世界の状況が分からないので、もし停戦が決まったら、いつでもいいので電話してください」(7月16日付)
2014年7月18日 更新ガザの声「今は危険だから来てはいけません。状況が落ち着いたらまた来てください。ガザの人々はあなたをいつも歓迎しています」(7月14日付)
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net