アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

人間の大地 ハンユニス栄養センター

2009年2月10日 更新

AEI(Ard El Insan=人間の大地)ハンユニス栄養センターを訪れました。JVCはこのセンターを通して、栄養失調児に対する栄養食の支援を行っています。この日は27人の子どもが栄養食を食べに来ていましたが、担当の栄養士の女性は、前回訪問したガザセンター同様、いつもの半分しかまだ通院できていないといいます。イスラエルによる攻撃が始まる前、このセンターにはやはり50人以上の栄養失調の子どもたちが訪れていましたが、ガザ南部はラファを中心に建物の損壊が激しく、まだ避難生活を送っているためにセンターに来ることができていない子どもたちが多いようです。ハンユニス・センターでも子どもたちは、通常の2回の栄養食に加えてUNICEFからの支援物資である栄養強化牛乳を飲んでいましたが、「子どもたちにとってはあまりおいしいものではないから、ハニー・デーツ(ナツメヤシ)などを混ぜて飲ませているのよ」と担当の女性は言います。

ガザでは野菜などが手に入るようになりましたが、果物はイスラエル産のものが入ってきているため、とても高価です。卵は1カートン(30個)で22NIS(約550円)、鶏肉は1kgでやはり22NISと、収入がなく貧困に苦しむ家庭には買える値段ではありません。この日センターに来ていたお母さんたちも、食料品の高騰について、そして家庭に収入がないことに不安の声を漏らしていました。

モハンマド君モハンマド君

モハンマド君(7ヶ月)は、停戦状態になった3週間前からセンターに通いはじめました。この3週間で体重が4.9kgから今日は5.2kgに増えました。お母さんは、モハンマド君が目に病気を持っていることを心配しています。モハンマド君の他に男の子が1人、女の子が2人いますが、この子どもたちの他に、男の子、女の子それぞれ1人をまだ生まれたばかりの時に亡くしているそうです。ご主人は仕事をしていないとのこと。「ここ何年も、仕事を探しているわ。食べ物は親戚から分けてもらうものや、食料配布の物資に頼っているの。でも、子どもが食べられるものなんてほとんどないわ」と言います。

ヘバちゃんとお母さんヘバちゃんとお母さん

ヘバちゃん(7ヶ月)もやはり、センターに通い始めて3週間です。体重が3.5kgから4.9kgへと増えました。お母さんは「センターで出される野菜の食事は好きなの、でも果物の方は食べたがらない」と心配しながらも、栄養士の女性に「順調ね」と体重の増加を褒められ嬉しそうです。ショウカ地区に住むヘバちゃんのお父さんは、病気で働くことができない上に、持っていた小さな農地はイスラエルによる攻撃によりダメージを受けてしまいました。それでも「この子は野菜が好きだから、少しずつ野菜を育てて食べさせたい」というお母さんの前向きな言葉に、私も嬉しくなりました。

AEIでは子どもたちが食事をとった後に、センターに通うお母さんたちの心理ケアのためのセッションを行っています。グループ分けして、お母さん同士で話し悩みや問題などを共有するそうです。イスラエルによる攻撃により家族メンバーを亡くしたお母さんたちもいるとのこと。これからも生活が厳しい状態が続きますが、子どもたちの命を支えていくのはお母さんたちなのです。お母さんたち同士で悩みなどを共有できることは、とても心強いのではないでしょうか。

栄養性のカウンセリングを受ける母親栄養性のカウンセリングを受ける母親

センターを出るとき、ちょうどセンターに入ってきた女性が「あなたはここで働いているの?」と聞いてきました。「一緒に仕事をしているの」と答えると、「このセンターは素晴らしいわ!私の子どもは生まれた時には2kgちょっとしかなくて、元気がなかったの。でもここに通い続けて栄養食を食べて、半年で7kgにもなったのよ」と嬉しそうに話してくれました。6ヶ月で7kgとは、まさに健康な赤ちゃんの体重です。この女性は、「頑張って通って、私も勉強したのよ」と繰り返しました。センターに現在通ってきているお母さんたちには、辛い状況の中もできることから少しずつ頑張ってほしいと願います。そしてその頑張りをJVCも引き続き支えてきたいと思います。お母さんたちが前向きでいることが子どもたちの健康にもつながり、そして子どもたちが元気になれば、お母さんにも家族にも笑顔を与えることになるのですから。


ガザ・栄養改善支援 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2015年5月21日 更新ガザの現実(6) -子どもの栄養失調予防事業近況報告
2015年5月13日 更新事業パートナー・アマルの「ガザ終戦」
2015年4月21日 更新ガザの現実(5)- 戦争と封鎖の影響で、深刻な健康被害が広がっています
2015年4月14日 更新ガザの現実(4)- 戦争中の避難所の様子(EHSTの聞き取りから)
2015年3月14日 更新ガザの現実(3)- バンクシーが、ガザにグラフィティアートを描いた
2014年7月23日 更新ガザの声「自分の家も砲撃で壊されてしまったし、近くにいたお母さんの家も壊された。ベイト・ハヌーンには何もなくなってしまったよ」(7月22日付)
2014年7月21日 更新ガザの声「24時間のうち4時間しか電気がきません。発電機のためにガソリンを貯めていましたが、あと20リットルしか残っていません」(7月18日付)
2014年7月19日 更新ガザの声「昨夜から今朝まで催涙弾の匂いがしており、イスラエル軍が近くに来ているのを感じています」(7月18日午後9時付)
2014年7月18日 更新ガザの声「地元ニュースでは世界の状況が分からないので、もし停戦が決まったら、いつでもいいので電話してください」(7月16日付)
2014年7月18日 更新ガザの声「今は危険だから来てはいけません。状況が落ち着いたらまた来てください。ガザの人々はあなたをいつも歓迎しています」(7月14日付)
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net