アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

PMRS巡回診療(アッサムーニーエ)[1]

2009年1月27日 更新
巡回診療の様子。「医薬品とドクターは常に足りない状態」巡回診療の様子。「医薬品とドクターは常に足りない状態」

ガザに入って2日目の1月27日、ガザ、ゼイトゥーン地区の「イッサムーニア」と言われる地域で、PMRS(=Palestinian Medical Relief Society、パレスチナ医療救援協会)の巡回診療に同行しました。この地域には、サムーニー家の家族が多く住んでいるため、「イッサムーニア」と呼ばれています。

女性医師も巡回診療に参加。「妊婦さんたちの健康状態が悪い」女性医師も巡回診療に参加。「妊婦さんたちの健康状態が悪い」
破壊された養鶏場。悪臭が立ち込める破壊された養鶏場。悪臭が立ち込める

巡回診療には、多くの人々が訪れていました。傷の手当てや、消毒、避難生活を続けていて体調を崩した人々などが、女性、子どもたちを中心に次々と訪れてきます。巡回診療に訪れたモハンマド医師は、「消毒的やガーゼなど、いくらあっても足りないくらいだ。また、衛生環境の悪い中、半壊の家やテントで生活している人々が多く、健康状態も悪い」と心配します。すぐ裏側にあった養鶏場が破壊され、何百羽というニワトリがぺしゃんこに潰れた屋根の下で死んでおり、そこからの悪臭がただよっています。PMRSの医師は「気分が悪くなるからマスクをしなさい」と言い、私たちはマスクをつけて歩きました。

ひどい悪臭にマスクを着用して視察ひどい悪臭にマスクを着用して視察

手当てや診察を受けに来ていた子どもたちの様子を母親に聞くと、「夜中に幻聴を聞いて突然起きて叫ぶ」「トイレに怖くて行けなくなった」など、子どもたちの精神状態を心配する声が多く聞かれました。その家族が住んでいる家を訪問しました。お母さんはイスラエル兵がやってきて家の半分を占領したときのことをこう言います。

兵士が立てこもった家の一部。内部はめちゃめちゃにされた兵士が立てこもった家の一部。内部はめちゃめちゃにされた
壁にはイスラエル兵の残した文字壁にはイスラエル兵の残した文字

「最初の一週間、空爆が続く間に、多くの人々がこの家に避難してきたの。そして地上戦が始まってすぐ、この家に兵士がやってきたわ。私たちは片隅の部屋に全員閉じ込められたの。兵士たちは、銃を撃って家の中をめちゃくちゃにしたわ。家具は全て破壊されたし、トイレは水が流れないから、兵士はオリーブやその他の保存食が入っている容器を使ってまであちこちに排泄したの。ここに立てこもって、この2階の窓から銃で人々を攻撃したのよ。私たちは、17日間、この家の一部にずっと閉じこめられていた。最終的に、この家から白旗を揚げながら出て行けといわれたわ。そうして出て行く途中で足を撃たれた人たちもいた。兵士が来た時に撃たれて亡くなった人たちの遺体は、ずっと家の中に放置されたままだったの」

家の中で発見された薬きょう家の中で発見された薬きょう

部屋の中にもひどく嫌なにおいが立ち込めていましたが、話を聞く途中で、自分たちだけがマスクをしているのが申し訳なくなり、マスクを外しました。彼らは「行く場所がない」と、その家の一部で生活を続けているのです。「食料配布は受けた?」と聞くと、「牛乳と、魚の缶詰が配られたけれどもそれだけ」と言います。水は現在、業者がタンクでやってきて無料で配布をしているそうですが、このような衛生環境が悪い中では健康状態の悪化が懸念されます。聞き取りを行っていると、すぐ裏の家から医師に「すぐに来てほしい」と男の子が駆けてやってきました。(つづく)


ガザ・栄養改善支援 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2015年5月21日 更新ガザの現実(6) -子どもの栄養失調予防事業近況報告
2015年5月13日 更新事業パートナー・アマルの「ガザ終戦」
2015年4月21日 更新ガザの現実(5)- 戦争と封鎖の影響で、深刻な健康被害が広がっています
2015年4月14日 更新ガザの現実(4)- 戦争中の避難所の様子(EHSTの聞き取りから)
2015年3月14日 更新ガザの現実(3)- バンクシーが、ガザにグラフィティアートを描いた
2014年7月23日 更新ガザの声「自分の家も砲撃で壊されてしまったし、近くにいたお母さんの家も壊された。ベイト・ハヌーンには何もなくなってしまったよ」(7月22日付)
2014年7月21日 更新ガザの声「24時間のうち4時間しか電気がきません。発電機のためにガソリンを貯めていましたが、あと20リットルしか残っていません」(7月18日付)
2014年7月19日 更新ガザの声「昨夜から今朝まで催涙弾の匂いがしており、イスラエル軍が近くに来ているのを感じています」(7月18日午後9時付)
2014年7月18日 更新ガザの声「地元ニュースでは世界の状況が分からないので、もし停戦が決まったら、いつでもいいので電話してください」(7月16日付)
2014年7月18日 更新ガザの声「今は危険だから来てはいけません。状況が落ち着いたらまた来てください。ガザの人々はあなたをいつも歓迎しています」(7月14日付)
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net