アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

東エルサレム:シュアファット難民キャンプのセンター

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2008年5月 5日 更新

東エルサレムにあるシュアファット難民キャンプは、イスラエルのエルサレム市管轄内に位置している唯一の難民キャンプです。

周りは壁に囲まれている周りは壁に囲まれている

その住民の多くは、1967年にイスラエルのエルサレム市が東エルサレムを「併合」したときに、「嘆きの壁」の前に広場をつくるために移住させられた人達とその子孫です。エルサレム市でありながら、西側のエルサレム中心部に通じる道には検問所が設置され、北部の位置する巨大入植地ピスガット・ゼエブとの間に「壁」が建設され、南部に位置する入植地フレンチ・ヒルや拡大を続けている入植地マアレ・アドミムとE1地区との間にも壁が建設されています。これらの壁とイスラエル人専用道路により、シュアファット難民キャンプと隣接するアナタ地区はまさに完全に隔離されようとしています。

キャンプの目の前は入植地ピスガット・ゼエブキャンプの目の前は入植地ピスガット・ゼエブ

このシュアファット難民キャンプの下町にあるセンターを訪問しました。センター長とヘルスワーカーに話を聞きました。「シュアファット難民キャンプの生活環境はひどいのよ。この狭い場所に4万人も住んでいるの。ここは土地はエルサレム市が管理し、難民の支援はUNRWAがすることになっているけど、どちらのサービスも充分に届かないの。例えば、ゴミの収集は本来エルサレム市がするべきなのに、市はゴミ収集に来ないし、UNRWAも学校は運営していてもそれ以上のサービスはほとんどしてくれない」と言います。確かに混沌としたシュアファット難民キャンプを訪れるたびに強烈な悪臭を覚えます。

ここはキャンプの中でも最も貧困地区ここはキャンプの中でも最も貧困地区

「でも、UNRWAの学校がある山の手はまだましよ。ここ下町は、完全に『忘れられた地区』なの。ここは、麻薬や犯罪の巣窟なの。麻薬の売買や中毒者が多いの。女性の麻薬患者もいるのよ。子供の教育どころじゃないわ。犯罪も多くて、センターには何度も泥棒がはいってパソコンを盗まれたわ。屋根に取り付けたソーラーパネルも、持って行かれたの。最初は幼稚園しかなくて、午後は人がいなかったから」

「でもセンターを必要とする人はたくさんいるの。センターは午前中は幼稚園をしていて、午後は子供達が遊ぶ場所になるの。スポーツも教えているわ。夏にはサマーキャンプもしている。それに、お母さん達のプログラムもあるのよ。この荒んだ環境では女性達が集まれる場所が必要なの。ここでは、女性達が自分たちでプログラムを考えていろんなコースをしているわ。ヘブライ語の授業もしている。今では朝から夕方まで人がいるし、近所の人が気をかけてくれるようになって、泥棒も入らなくなったわ。この前なんか、オープンデーをしたら、千人以上の子供やお母さんが詰め掛けて来たの。センターが地域に必要とされているかわかるでしょ」

中には衛生状態が気になる子もいる中には衛生状態が気になる子もいる

今回の訪問は幼稚園児の健康診断。約55人の子どものうち、20人ほどを診断しました。しかし、子供達の中には、服が汚れていたり、髪も洗ってなかったり、明らかに衛生状態の悪い子供達がいます。中耳炎や目の病気や皮膚の病気が見受けられました。これも衛生状態と関係していると思われます。

身長・体重測定を待つ子供達身長・体重測定を待つ子供達

診断後にセンター長に子供達の衛生状態が良くないことを話しました。ラムジー医師もアズバ保健師も同意見です。子供達とお母さん達両方に対しての保健衛生講習の必要性を話しました。センター長はお母さんたちと相談するとのことです。お母さんたちの活動はすべて彼女達の意思で決めているからです。私たちの活動も依頼を受けて行います。なので、お母さん達が保健衛生の講習を受けたいと申し出てくれるのを待つことになります。

劣悪な環境で頑張っているこのセンターとそこに通う子供や母親達を、私たちも何とか支えたいと思います。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net