アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

子供の精神鑑定ワークショップ

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2006年9月20日 更新

ベツレヘムにあるトラウマを持つ子ども達の専門学校「ホーリー・チャイルド・プログラム」で、米国から来たセラピスト・カウンセラーであるミシェリーン・ロッカードさんによる、「子供の精神鑑定ワークショップ」が開催されました。2日間のワークショップですが、初日に参加してきました。ミシェリーンさんは米国ミシガン州で精神に問題を抱えた子供、青年および大人を治療している心理学者や病院の精神科を担当するケース・マネージャをしており、それぞれのケースの診断や治療の有効性についての評価を任されています。ミシェリーンさんは、ホーリー・チャイルド・プログラムの子ども達の診断や治療方法のアドバイスをすると同時に、そのノウハウをスタッフに伝授するためにベツレヘムにやってきました。

熱心に聞き入る参加者達熱心に聞き入る参加者達

今回のワークショップは、主にホーリー・チャイルド・プログラムのスタッフと地域の学校関係者を対象に行われました。ワークショップの目的は4つ:(1)子供の行動とそれをもたらす感情的、行動的、注目的、発展的な不調の基本的な種類の理解、(2)精神障害の診断および統計のためのマニュアルの紹介、(3)「コーモービッド状態(2つの不健全な状態が同時に存在すること)」と「診断時の排除」のコンセプトを学ぶ、�C基本的な精神鑑定の知識を教師あるいはセラピストとしての役割に統合するための戦略を立てる、です。専門家でなければとっつきにくそうなお題なのですが、さすがベテランのセラピストでありカウンセラーであるミシェリーンは、誰でもわかるように、ゆっくりわかりやすく、例を挙げながら説明していました。

乱暴にかいつまんで要約すると、以下のようになります。子ども達がいろんな不調を表す行動を取るとき、例えば言葉を発しなくなったり鬱状態になったりしたとき、その原因を子ども達は教えてくれません。そのために専門家は、それらの症状の原因をあらゆる可能性から探ることが必要になります。そして多くの場合、その原因は一つではなく、いくつもの原因が同時に作用していることもあります。なので、ある一つの症状を見て、その子を特定の病気、例えば自閉症、と診断するのは極めて危険です。もしかしたら、その子は視力や聴力が落ちていて、それも原因の一つかもしれない。トラウマを抱えた子供がなかなか治らない原因は家庭環境にもあるかもしれない。そういった、いろんな要素が絡み合って生じる子ども達の不調を、可能な限り的確に診断し、可能な要因から取り除いていくことが必要となります。

紛争下にあるパレスチナでは、子ども達の精神状態の問題に、今まで十分に取り組んできませんでした。これは、占領下で生きるために残されてきた伝統的な村社会や部族社会では外部に弱みを見せてはいけないというような意識や、物理的に精神科の専門家が少ないことや、精神科医に掛かる経済的な余裕がないなど、いろんな要素が絡み合っています。そのため、子ども達が不調を訴えても、早期診断・治療がなかなか受けられず、社会にうまく適応できないまま放置されるケースが少なくないとされています。2002年以降のイスラエル軍によるパレスチナ自治区への一大侵攻の際に、多くの子ども達が精神的ショックを受けたとして、UNRWAの学校などでは、学校にカウンセラーを派遣するなどし始めました。しかし、現地のセラピストやカウンセラーの絶対数は不足したままです。

ホーリー・チャイルド・プログラムでは、トラウマの子ども達の治療のために現地セラピストを養成しているところで、JVCはこのプログラムを支援しています。ミシェリーンさんによるワークショップもこのプログラムの一環です。また、スタッフだけではなく、地域の教育関係者にも、今回のようなワークショップを通じて、精神的な問題を持つ子ども達の早期発見・診断・治療の必要性を呼びかけています。これらのプログラムは一人でも多くの子ども達の苦痛を出来るだけ早く和らげ、一日も早く普通の学校に戻り、普通の社会生活を送れるようになることを目的にしています。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net