アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

フィダールちゃん

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2006年9月13日 更新
フィダールちゃんフィダールちゃん

「人間の大地」ハンユニス・センターは今日も大勢のお母さんと栄養失調児で溢れ返っています。今日出会ったのは、フィダールちゃん。まだ7ヶ月です。フィダールちゃんは2キロの体重で生まれて来ました。でも、紛争や食料不足でお母さんの母乳もあまり出なくて、その後ほとんど体重は増えなかったそうです。センターに通い始めて1ヶ月。その間、見る見る成長して、体重も1キロ以上増えて3.9キロまでになりました。お母さんが「はい」って、抱かしてくれたのですが、びっくりするほど小さくて軽いです。でも、スタッフ皆で抱かせてもらっても怖がる様子もなく、大人しくしています。このまま、センターに通い続けられれば、普通の子と同じように成長することが期待できそうです。

栄養食を食べさせ終わった母親達栄養食を食べさせ終わった母親達

JVCはガザでの貧困が急速に進み、子ども達の栄養失調が問題になり始めた6月から、緊急支援として、現地のNGO「人間の大地」と共同で栄養失調児への栄養食の提供と母親達への栄養指導を始めました。しかし、6月末のガザでの武装勢力によるイスラエル兵拉致事件が起きてから、イスラエルのガザへの再侵攻により、道路は破壊され、自治政府官庁も破壊され、電力発電所も破壊され、いまだに電気・水の供給は限られています。経済もさらに悪化しています。7月の自治政府の発表によれば、ガザの失業率は34%。加えて1月の選挙でハマス政党が圧勝してから、各国政府の自治政府支援見合わせやイスラエルが代理徴収している税金の引渡し拒否などにより、公務員の給料もほとんど支払われていません。ガザでは定職のある人の4割が公務員です。そのため、ガザの貧困率は80%に上っています。そして、5歳以下の子供3万人が慢性の栄養失調だと報告されています。そして、近い将来に現状が改善される見込みがないことから、子供の栄養失調はますます増えると言われています。

センターに来る、栄養失調児も、日々増え続けています。現在のスタッフと予算では、対応しきれなくなっているのが現状です。センター長は、このまま増えると、センターとしては、中度・重度の栄養失調児しか面倒が見られなくなる。軽度の子供を早期に回復させることも大切なのに、それが出来なくなると危惧を抱いています。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net