アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

【その他・未分類】
静まり返ったガザ

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2006年8月22日 更新

8月22日、2年ぶりにガザに入りました。イスラエルとガザの境界上で人間が通過できる唯一の検問所エレツ。2年前はトタン屋根だけがある、パレスチナ人用の通路と検問所と、VIP用の通路と検問所に分かれていました。当時パレスチナ人労働者は、境界線からほど近くに立てられた、イスラエルの工業地帯で安い労働力を提供するか、夜が明ける前から検問所にならび、うまくイスラエル側に出られれば、検問所を出たところで日雇いの仕事を探していました。しかし、今の検問所付近は、ひっそりと静まり返っています。イスラエルの工業地帯は閉まったままだし、イスラエルに出稼ぎに行けるパレスチナ人はいません。新しく出来た検問所もパレスチナ人と外国人・VIPとをわけていません。ここで見かけるパレスチナ人は、救急車でイスラエルの病院に運ばれる人など特別許可が取れた人だけです。

【その他・未分類】
ハンユニス・センター

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2006年8月22日 更新
子どもに栄養食を食べさせるお母さん子どもに栄養食を食べさせるお母さん

JVCが緊急支援しているガザ南部の「人間の大地」ハンユニスセンターを訪問。イスラエル軍による侵攻が沈静化して、移動が可能になったので、センターは大勢の母親と栄養失調の子ども達で溢れかえっています。見るからに小さくて元気のない子ども達と不安そうな表情の母親達です。センターではちょうど栄養食を作っているところで、おいしそうなにおいが漂ってきます。振舞われるのは栄養価の高いレンズ豆などを中心に、栄養とカロリーを計算した、おかゆのような食事。子ども達はまず診察を受けて必要な栄養とカロリーが計算され、それにあわせて栄養食をもらいます。小さな子ども達の多くは大人しく、食べさせられていました。

【その他・未分類】
経済危機下でのサマー・プログラム

パレスチナ現地調整員 藤屋 リカ
2006年8月18日 更新

今年のハンダラセンターでのサマー・プログラムの開始に当たっての問題の一つは、パレスチナの経済危機の問題でした。

【その他・未分類】
巡廻診療 ベイト・スダン村

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2006年8月17日 更新
学校の教室で女性を診察する医師 学校の教室で女性を診察する医師

JVCが現地の医療NGOパレスチナ医療救援協会と行っている共同事業に「壁」と入植者専用道路に囲まれて医療サービスが受けづらくなっている地域への巡廻診療があります。今回はそのような村の一つ、ベイト・スダン村への巡廻診療に同行しました。

【その他・未分類】
様々な制限のなかでのサマー・プログラム

パレスチナ現地調整員 藤屋 リカ
2006年8月11日 更新

ベツレヘムのベイト・ジブリン難民キャンプのハンダラ文化センターでは、今年も子どもたちが楽しみにしている、サマー・プログラムの季節がやってきました(2005年の活動はこちら現地便り、127、128、129、130)。約100人の子どもたちが、プログラムへの参加を申し込みました。

【その他・未分類】
死んでいったアマルのこと

パレスチナ現地調整員 藤屋 リカ
2006年8月 3日 更新

レバノン、ガザ、イスラエル、一般市民の犠牲者は増える一方です。一体どこまで状況が悪化するのか見当がつきません。

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net