アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

【その他・未分類】
イスラエル軍の侵攻とガザの人々の生活

パレスチナ現地調整員 藤屋 リカ
2006年6月30日 更新

ガザへの心配
6月24日のガザでの仕事は充実していました。一発の銃声も聞こえませんでした、という連絡をしたのもつかのまのこと。25日、ガザ南部でパレスチナの抵抗組織がイスラエル領まで掘ったトンネルからイスラエルの軍事基地を攻撃。2人のイスラエル兵が死亡、一人が拉致されました。
イスラエルとパレスチナの緊張は高まっています。イスラエル兵を拉致したパレスチナ側の組織は、イスラエルの刑務所に収監されている女性と18歳未満の子どもの解放を要求。イスラエル政府はそれには応じません。イスラエル軍はガザ地区への軍事侵攻の準備を進めています。

【その他・未分類】
ガザ緊急支援

パレスチナ事業担当/看護師 藤屋リカ
2006年6月23日 更新

ガザ緊急支援報告:ハンユニスセンターでの様子

ガザ地区の経済状況ですが、更に悪化しています。
ガザの夏の風物詩、「ロバ車のスイカ売り」が父親たちから追い返されているそうです。10キロぐらいある巨大なスイカは1個10シェケル(約260円)ぐらいの安価で夏のおやつですが、それさえ買えなくて子どもたちがかわいそうだからとのことです。

【その他・未分類】
経済悪化の悪循環

パレスチナ事業担当/看護師 藤屋リカ
2006年6月16日 更新

ガザ地区では、一般市民を巻き込んだ事件が続発しています。6月9日の海岸での爆発では子ども3人を含め8人が死亡、13日のイスラエル軍の空爆による暗殺では、7人の市民が巻き込まれて死亡、2人は子どもでした。
大きな事件は報道されますが、一般の人たちは経済危機に日々苦しんでいます。失業率は40%以上、約8割の人々は1日約2ドル(230円)という貧困ライン以下での生活を強いられています。(詳しくは、経済危機についてを参照ください)

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net