アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

刺繍グループ・ドイツからの特別注文

パレスチナ現地調整員 藤屋 リカ
2006年3月 2日 更新

ベツレヘムのベイト・ジブリン難民キャンプにあるハンダラ文化センターの女性刺繍グループ(関連記事No.138No.139No.146No.147)に、先日、ドイツからブックカバーの特注の仕事が入りました。

これは、昨年の12月に女性グループも参加させてもらったクリスマス・バザールのあったエルサレムの教会の関係者からの注文でした。急な依頼があったそうで、ドイツの教会で使う祈祷書用のカバー20枚を5日間でできないかということで相談を受け、引き受けることにしました。

デザイン担当の女性(センターにて)デザイン担当の女性(センターにて)

このような特別注文の仕事を請けた場合、まずは先方の予算を聞いて、予算に見合う形で商品の大きさに合わせた刺繍のデザインを決めます。刺繍の量が少なければ、商品の価格を下げることができますが、それでは女性たちの仕事が減ってしまいます。これはいつも女性グループの責任者が頭を悩ませているところです。

今回の注文では、予算の範囲で全体に刺繍を入れることができました。教会関係者からの以来ということもあり、グループの作品でよく使うパターン「ベツレヘムの月」を中心に「羽毛」の模様を組み合わせました。色も各種取り揃えました。

デザインが決まったら、布と刺繍糸を準備して、女性たちに配ります。これはセンターに女性たちがとりに来るのですが、子どもたちが母親に頼まれてお使いにやってくることもあります。今回はグループの女性たち10人に2枚ずつの仕事が振り分けられました。女性たちは各自宅で、刺繍を仕上げていきます。

この全面刺繍を仕上げるのに、女性たちは丸1日かかるといいます。女性たちの収入としては、25シェケル(1シェケルは26円)になります。
25シェケルで買える物の例を挙げると、
米:5キロ
ジャガイモ:10キロ
旬の時期のトマトやきゅうり:10キロ
鶏肉(骨付き丸ごと):2キロ弱
牛肉:700グラム
子供用のTシャツ:2枚
子供用のズボン:1枚
子どもが使うノート:25冊
などです。
 
パレスチナの経済状況は悪く、人口の約半数が1日2ドル以下(約9シェケル)での生活を強いられ、失業率も高いです。この状況に対して、国際機関などの支援で、緊急雇用支援の短期プロジェクトが行われることもあります。その場合、道路の補修・整備や清掃等の肉体労働で、1日6時間ぐらいの労働時間で約50シェケルとのことです。

丁寧な仕事は刺繍を引き立ててくれます丁寧な仕事は刺繍を引き立ててくれます

刺繍ができたら縫製です。女性グループのメンバーで、10代の後半に洋裁の訓練を受けてそれ以来、20年以上にわたって縫製の仕事を自宅でしている女性が担当です。

7人の子どもの母親で、2人は結婚していますが、一番下の子はは小学校6年生です。夫は、2000年のインティファーダが始まる前はイスラエルへ出稼ぎに出かけていましたが、その後定職はなくなり、日雇いや緊急雇用プロジェクトの仕事が見つかればその仕事をしていました。しかし、一昨年、脳出血で急死しました。まだ50歳代でした。彼女が高校生の息子と小学生の娘をがんばって育てています。

仕事部屋は孫の遊び場所にもなっています仕事部屋は孫の遊び場所にもなっています

ミシンはこの女性個人の持ち物で、グループとして彼女に仕事を発注します。彼女は仕上がった刺繍布を受け取り、裏地を取り付け指定のサイズに合わせてブックカバーに仕上げていきます。このブックカバーの場合、1枚当たりの縫製費は6シェケルになります。

ブックカバーができあがったら、センターで最終的な商品チェック、アイロンがけをして出来上がりです。リーダーの女性がデザイン、布や糸の準備、アイロンがけ等を担当しており、この費用は1枚当たり2シェケルになります。

このブックカバーは、
刺繍代:25シェケル
縫製代:6シェケル
準備・仕上げ:2シェケル
糸・布等の材料費:12シェケル
センターへ:5シェケル
ということで、51シェケル(約1330円)という価格に決まりました。全体の価格の10〜15%ぐらいをセンターの貯蓄としていて、現在は先払いにしてもらわなくても刺繍製品の材料を準備できるぐらいになってきていますが、将来的には女性たちの活動がセンターの子どもの活動を支えることにつながることを願っています。

今回の特別注文で、
刺繍端を担当した女性は一人当たり:50シェケル
縫製の女性:120シェケル
準備・仕上げの女性は:40シェケル
の収入になりました。

注文の調整をしてくれたドイツ人男性は、このカバーをとても気に入ってくれ、5枚を追加注文してくれました。観光地になっているエルサレムのドイツ系の教会にあるお土産屋にもこの祈祷書用のカバーを置いてもらえないか、相談に行くことになりました。

刺繍製品の注文は定期的ではなく女性たちは注文に応じて仕事をしていますが、こうして少しずつ活動が広がっていくことは女性たちの励みになっているようです。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net