アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

黒い九月、ベイルートを行く(1) モナに会う

2003年9月 8日 更新

9月と言えばブラック・セプテンバーです。
パレスチナの歴史にとっては、いろいろと手痛い出来事がありました。
1970年にはヨルダンがPLOと衝突し、結局アラファトはレバノンへ追い出されます。1982年の9月には、アラファトが去ったあと、サブラ・シャティーラ難民キャンプで虐殺が起こりました。
2000年9月28日にはインティファーダが始まり、2001年9月11日には、NYで同時多発テロ。何かことが起こるのは必ず9月です。

パレスチナ人は、よく「サブラ・シャティーラを忘れるな」と言うくらい、1982年の虐殺は精神的なトラウマを抱えるものになっています。さて今回は、シャティーラの子供たちを追い続けてドキュメンタリー映画を作っているメイ・マスリー監督に会いにベイルートに飛ぶことになりました。JVCが代行して集めた、メイ・マスリー子ども基金20万円を届けるためです。
「夢と恐怖のはざまで-パレスチナ少女、交流の記録-」の主人公で当時13歳だったモナさんも15歳になりました。監督のはからいでインタビューに成功です。

(左から モナ、メイ・マスリー監督、佐藤)(左から モナ、メイ・マスリー監督、佐藤)

マキ
「僕は映画の出だしの部分、すごく気にいっているんだけど」
モナ
「『私がこどものころ蝶になりたかった。美しくてそしてどこにでも飛んでいける。でもあまりにも美しすぎて、捕まえられて本のしおりにされちゃう。捕まえられるって自由がない。だから鳥になりたいと思った。鳥も美しいでしょう。そして故郷に飛んでいくの』っていうやつね」
(映画ではアラビア語で語られているが、英語で語ってくれた)
メイ
「まあ、英語がうまくなったわね。思い出すんだけど撮影のときあなたはいつも自由になって飛んでいくって言っていたわね」
モナ
「マナールと一緒に飛んで行って友達のサマルをつれてそしてパレスチナに行くの」
マキ
「サマルって映画に出ていた女の子でしょう、イギリスに亡命しちゃった。連絡はとっているの」
モナ
「いつも連絡取り合っている。彼女は看護師の勉強をしているんだって」
メイ
「ところでモナは、薬学をやりたいっていっていたわね」
モナ
「うーん、理系はちょっと苦手かな。ジャーナリストとか」
メイ
「考え変わった?」
モナ
「大学に行ってから決めるわ」
マキ
「ところでイラク戦争をTVとかで見ていたと思うんだけど、どう感じた」
モナ
「パレスチナと同じね。イラクの人たちは、苦しんできた。サダムがいなくなったけど、今は占領に苦しんでいる。サダムから開放されたけど、状況はもっと複雑。アメリカはすべてを搾取しようとしているのよ。ローマでデモに参加したわ。彼らのために何かしたかったから」
マキ
「君たちの世代が世界を変える?」
モナ
「たぶんね」
メイ
「新しい世代は希望を持ち続けてもらいたいわね」
モナ
「多くの人が、私たちの母もそうなんだけど、『あなたたち若い世代がパレスチナを開放してくれる』っていうの。でもそうじゃないと思う。若い世代と古い世代の人たちが助け合わなければいけないと思うの。彼らは歴史を見てきたのだから」
  (9月8日 ベイルートのカフェにて)

モナとマナールが描いてくれた自画像を合成したポストカードはJVCで発売しています。一組400円です。今回、モナにもプレゼントすることができ本人も大喜びでした。

モナの描いた絵モナの描いた絵

参考資料

音楽家の高橋悠治さんが中心となって作っている水牛通信
モナの詩を収録しています。
http://www.ne.jp/asahi/suigyu/suigyu21/sgbn/sg0210.html

奇聞総解メール版 メイ・マスリー監督来日時の公開質問など
http://www2.mnx.jp/~jyb2774/P-Watch_02_02_06.txt

JVCパレスチナのコーナーバックナンバー
1)マナール(ベツレヘムのマナールを取材しています)2002年第7号
/jp/projects/palestine-report/2002/02/000007.html

2)メイ・マスリーさん 地球環境映画祭で最優秀賞を受賞!2002年第3号
/jp/projects/palestine-report/2002/02/000003.html

CVPP 交流の新しいかたちです。
http://www.cvpp.org/kids_top.html


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net