アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

巡回診療

パレスチナ 石原さとみ
2003年1月 4日 更新

ボランティアの田中医師とともに、人権のための医師団(PHR)の巡回診療に参加した。今日の巡回先はKAFAR ZEIBADという、西岸北部の都市トルカレムに近い村。パレスチナの医療団体UPMRCトルカレム支部との協力で行われた。村の小学校の教室が、この日は診察室になった。11人の医師、2人の薬剤師、数人の看護師やソーシャルワーカーもいた。

診療に必要な機材を持ち込む診療に必要な機材を持ち込む

出発地点のイスラエル側の町からは、普通なら車で15分ほどの村だが、道路封鎖のために遠回りをしなければならない。閉鎖されている主要道路の検問所を避けてパレスチナの村々を通り抜け、1時間ほどかけてKAFAR ZEIBADに到着。

曇りがちで寒い日であったにもかかわらず、診察を受けに来た人は200人以上。ソーシャルワーカーのワークショップに参加した人も含めると、500人ほどになる。1人の医師が平均30人を診察。それぞれの診療科ごとに、1つの教室が割り当てられ、各教室の前は順番待ちをする人でいっぱい。

教室のなかでの診療教室のなかでの診療

道路封鎖によって、よその町へ行けないため、きちんとした診療を受けるのは難しい。診察を受けに来ていた高校生のラワンさんは「巡回診療は、診察してもらえるのはもちろん、他にも村の人やパレスチナ以外の人など、いろんな人に会えるからうれしい。」と、喜んでいた。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net