アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

村の猫

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人
2011年10月28日 更新
ニャーオって鳴いてない?ニャーオって鳴いてない?

ラオスで猫は「メーオ」。言わずもがなで鳴き声から来ているようだが、「長い」という意味の「ニャーオ」という言葉もあり、日本人からするとするとそちらのほうが鳴き声としてしっくりくるせいか、ズーッと混同してはスタッフに笑われていた。

それだけです。ネタがなかったので、猫の写真などをアップすると人気取りになるらしい、とどこかで聞きつけやってみました。

村の女の子の遊び

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人
2011年10月22日 更新
行商に行けます行商に行けます

「お店屋さんごっこ」のような遊びが小さな女の子に人気なのはラオスも同じのよう。ある日見た“商店”はそれはそれは可愛らしく、木の葉っぱや小さな果物、そして空のシャンプーやジュース、お菓子の容器が並べてあった。品揃えも豊富で、本当に感心してしまいました。

ちょっと待ってろよ!

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人
2011年10月17日 更新

ある村の養魚農家を訪れたときのこと。「バナナ持っていきなよ」という池の持ち主。しかし彼のバナナ園は池の向こう側だ。「え、え、いいですよ、そんな」と言う我々に「まあちょっと待ってな」と見事な飛込みでドボーン!

 

力泳!力泳!

 

...とはいきませんでしたが、タイヤを浮き輪にズンズンと対岸に近づくオジサン。バナナをもぐと、戻ってくる。片腕で泳ぎにくくないだろうか。人房と言ってもご覧の量。みなで分けて美味しくいただきました。

 

いい笑顔ですいい笑顔です

鬼は外福は内

2011年10月10日 更新
主役でなくても、誰に巻いてもOK主役でなくても、誰に巻いてもOK

ラオスで新築、送別、進学、快気祝いなど生活の節々で行なわれる儀式、"バーシー"。先日も参加する機会があった。これまで何度も参加しているため、少し前から紐を手首の周りに巻く際の言葉を覚えることにした。まず紐でもって手首の上を外に向けて2回、中に向けて2回払う仕草をするのだが、このときに「悪いことは外に、良いことは中に」と唱える。

コレに続けて、紐を巻きながら「健康で、長寿で、仕事で成功して...」などと続けていくのだが、最初のは日本語で言えば「鬼は外、福は内」では?興味を持って調べてみると、やはりというか日本の節分の起源は中国ということなので、ラオスが中国と陸続きということを考えると、おそらく同じルーツかと思われますが、いかがでしょう(100%の自信はなし)。

木の、人の、生命力

2011年10月 6日 更新
いつかは大木に?いつかは大木に?

すぐにではないが、将来電気が引かれるようで、その準備がされているある村の村人。電信柱を建てるために、彼の家の前の木が切られてしまった。しかしながら、働き者の彼は切られた木を植え直した。ご覧の通り右側からは新しい枝と木が生えてきている。人も木もたくしましいですね。

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net