アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

陸稲(“おかぼ”あるいは“りくとう”)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人
2011年8月12日 更新

JVCの稲作技術支援は水田向けのものだが、対象村の一部の村人にとって水田での稲作と同様に大切なのが、移動式耕作(焼畑農業)による山地での混栽。水田のように一ヶ所でお米ばかりを育てるのではなく、芋をはじめとした様々な作物を植えている。

陸稲を前にダンディーな村人陸稲を前にダンディーな村人

先日魚の養殖研修である村を訪れた際のこと。実地研修を行った池の周りは焼畑地。小用をと思い席を外したのだが、すみっこに行くまでアチコチにヒョコヒョコと芽が出ているため、歩くのに注意が要る。また、土壌には肥料になるとはいえ、直接作物に尿がかかるのは気が引けるので、場所の選定に時間がかかる。アチコチで様々な種類の食べ物が育つなんて、これはなかなか収穫が楽しそう?などと思ったが、準備は大変だろう。森林に負荷をかけすぎない持続的な焼畑農業を行うためには、村人にとって十分な耕作地があることが条件となる。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net