アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2月28日 なかなかわからない

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人
2011年2月28日 更新
本文と写真は関係がないと言えばありませんがあると言えばあります本文と写真は関係がないと言えばありませんがあると言えばあります

ヤギ銀行スタディーツアーを実施。3つの村から12名が参加したが、当然と言えば当然ながら、参加者の服装などから推察される貧困度合いにバラつきが見られる。しかしながら、服装等で暮らし向きを想像するのは難しい。女性はお寺に行くときなどのために、1着は美しい伝統衣装を持っている。それが1着のみの一張羅なのか、他にも美しい服を持っているのかはわからない。腕時計というのも暮らし向きを推測する指標になりそうだが、最近は中国製の信じられないくらい安い時計がラオスでも売られている。数少ない腕時計をしていた人の中で、その時計が明らかに止まっている人もいた。もしかしたらそういった激安中国商品を買って、すぐに止まってしまったのかも知れない。その場合時計をしているから豊かというのも安直。

そんなことを考えていた道中だったが、近くの大きなお寺でお祭りをやっているというので、帰りに寄ることに。車の駐車代などはJVCが出したが、当然ながら境内での出店などでの出費は支援できない。境内にはカメラをぶら下げた人たちが、その場で現像できるということで一生懸命売り込んでくる。1枚10,000キップ(約100円)。結果、写真を撮ったのは、身なりで言えば「参加者の中でもとりわけ貧しそう」と思われた3名だった。生活必需品でないものに散財するかしないか、豊かさ(貧しさ)を測る指標として、一見もっともらしい。だとすると、「当初服装で判断しようとしたが、適切でなかった」という結論を導くべきなのか?

写真を撮った彼らは、一様に興奮した面持ちで写真を手に戻ってきて、本当にうれしそうにそれを見せてくれた。写真の中の彼らも一様に背筋を伸ばして直立不動だった。大げさに言えば、清水の舞台に飛び込む気持ちで撮った写真なのかも知れない。その近くで、彼らよりは貧しくないように見えた参加者が、あまり関心なさそうにタバコを吹かしていた。もう家に写真があるのだろうか?そう、あえて結論を出すなら、結局わからない、ということ、そしてそもそも一生懸命測ろうとすること自体、どうなのか、ということでしょうね。

2月27日 ある休日

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人
2011年2月27日 更新
料理をするペダワンとレノル料理をするペダワンとレノル

ある日曜日、フンパン兄さんから電話が入る。「カオソイを作るから食べにおいでよ」カオソイはラオス北部の料理で、北部のボケオ県出身のフンパン兄さんと、シェンクワン県出身のレノルが時々一緒に作っている。他の非北部出身者も何人か来て、一緒に食べる。カオソイは肉味噌が乗った麺で、実に美味。フンパン兄さんの連れ合いは焼きアヒル屋さんをやっているのだが、あまり儲からないというので、「カオソイ屋をやりなよ」と言うのだが、「サワナケートでは食べる人がいないから」とのこと。北部はこのほかにも納豆のようなものを食べるのだが、やはりサワナケートではあまり食べる人がいない。

美味しそうでしょう?美味しそうでしょう?

納豆といえば、日本では東西で食べるか食べないか分かれるようだが、縦に長いラオスでは、文化は南北で分かれる。民族の分布も違う。そう言えば、これに関連して思い出したのだが、以前、スタッフの採用面接でチームワークについて聞いた際、何人かが「ラオスには沢山の県があって、それぞれの違いを尊重しないといけません」と語ったことが印象的だった。ラオスは人口は小さくとも多民族国家。色々な県、という言葉には背景があったのですね。

2月11日 ライプニッツ方式

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人
2011年2月11日 更新
模造紙を使って説明模造紙を使って説明

今年から米銀行を行う村は3村。この活動に限ったことではないが、継続されていくことが大切。そのため、ある村の米銀行会議で、数字をあげて説明を試みた。例えば数年間、借りた人が皆きちんと返していったらどうなるか...と数字をあげて説明してみる。話に具体性を持たせたかったし、長い会議を見ていて、直接村人に語りかけたくなってきたということもある。

「100キロあったとして、この村の利率は15%だから、何キロになりますか?」と聞くと「115キロ」と副村長。「はい、でも5キロくらいは乾いて目方が減りますね?だから110キロで2年目がスタートです」「2年目全て貸して、全て返ってくると、約126キロ。6キロくらい乾いたとして、3年目は120キロからスタート...」

これを繰り返して、乾く分を勘案しても、6年後には160キロを超えることを説明する。なるほどなるほど、と納得顔の人がいくらか、女性を中心に「ポカーン」な人も少なからず。私のラオス語がつたないこともあるだろうが、まあ、ハッキリ言うとこんな米の乾燥による減量も計算に入れた複利計算、いきなり言われて即座に数字そのものについていけるものではない。フンパン兄さんが「計算がわからなくてもいいんです。みなが毎年ちゃんと返していけば、時間が経つとけっこう増えるものだ、ということがわかれば」と補足。そして私も「他所で借りれば、利子はもっと高くて、しかもその利子は他所の人のもの。村で米銀行をしっかりやれば、利子は低くて、その利子は村のもの」と最後のプッシュ。継続の大切さが伝わったと良いのですが。

2月9日 うれしはずかし?

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人
2011年2月 9日 更新
ちなみに80人くらいいましたちなみに80人くらいいました

村でのミーティングで、昨年行った井戸修理研修の参加者、「井戸修理ボランティア」にTシャツを進呈するとともに、村人に紹介する。進呈したTシャツに着替え、村人の前に並ぶ面々。「この方々が、この村の井戸修理ボランティアです。なんでも直せるとは限らないけれど、故障があったら、相談してください」という紹介とともに、後ろを向いてもらい、「今後のために修理基金の徴収に協力を」というスローガン?をみなに見せる。そろいのTシャツで、みな照れくさそうな、誇らしそうな?

2月8日 調印式

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人
2011年2月 8日 更新
ラオス語紙の新聞報道ラオス語紙の新聞報道

2月1日ビエンチャンにて、農業プロジェクトをご支援いただいている日本大使館で、3年目となる資金贈与の調印式に出席。1月31日午後に出て、2月1日夕方にはサワナケートに戻っているという強行軍だったが、大使館のご好意もあり、農業チームのフンパン、チャットウコーンの両名も参加した。

きれいなほうの写真できれいなほうの写真で

日本語の分からない2人だが、大使が非常に熱心に質問され、メモを取られていたことは印象的だったようで、彼らにも大使とのお話の要点は伝えた。新聞に写真が載ることもうれしいことだろう。一張羅を来た晴れ舞台を期に、気持ちも新たに、責任感を持って今後も業務に望んで欲しい。いえ、私もですが。

2月7日 精霊を恐れぬ若者が出るかも?

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人
2011年2月 7日 更新
規則を明記した掲示板規則を明記した掲示板

魚の保護地区設置を進めるある村。実は長いこと精霊が棲む場所として保護区扱いされており、実際村の人はそこで漁をしたりはしていない。では、そのままゆけば、別にそれで良いのでは?という気もするが、村人は設置を強く希望した。村人が挙げる理由には、ゆっくりであっても、ラオスの農村でも時代が移り変わっていることを感じる。

�@事情を知らない他の村が漁をするかも...伝統的には村の中の禁猟区なら、その村の村人が理解して規則を守っていればそれでよかったはず。しかし自転車、バイク、モーターのついた船など、村人の行動範囲も広がっているのだろう。

�A今後禁猟を破る村人が出るかも...精霊が棲む、という縛りは伝統的にはかなり強いもののはずだが、やはり変わってきているのか。他の村でも、最近に人は以前ほど精霊を恐れていない、と聞いたことがある。

これまで明文化された規則もないのに、禁猟が守られてきた場所。しかし村人自身が明文化された規則や、郡行政の判の押された書類を求めている。しかし、規則を破った際に、罰金のほかに精霊への謝罪の儀式を行うなど、伝統的な管理方法が規則に生かされてもいるのです。

2月3日 ベトナム、中華正月

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人
2011年2月 3日 更新
こんなのしか撮れず...プロの写真家って本当にすごいと思いますこんなのしか撮れず...プロの写真家って本当にすごいと思います

本日はベトナム、中華正月で街が騒がしい。ベトナム系の人が多いサワナケートだけに、あちこちで爆竹の音などがなっている。食事を食べに出ると、早速獅子舞に遭遇した。普通の家の軒先でも、人々が集まってビールなど飲んでいる。ベトナム人学校、中華学校の方角もにぎやかだ。改めてベトナム、中華系の人々の多さを感じる。

ベトナム、中華系でないラオス人はといえば、鶏肉とアヒル肉の高さに閉口している。JVCラオスも13人の所帯になった。ベトナム系の血を引く人も中にはいるのかな、と漠然と思っていたが、休暇届けでなんとなく分かる。別にあえて聞きはしませんが。

2月2日 意外と身近なマラリア、デング

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人
2011年2月 2日 更新

ラオスに来て2年以上、これといった病気にかかったことがない。カンボジアでの2年でも、名前の付くような病気はなかった。ということで、正直少し油断している自覚があるのだが、このところマラリアにまつわる話を続けて耳にした。

まずは郡のカウンターパートである郡農林事務所所員のKさん。先日マラリアを患った。また、先日家庭菜園をするための土をスタッフの家族の農園にもらいに行ったところ、数年前にマラリアで亡くなったという彼女の妹さんのお墓が農園の一角にあった。10代半ばだったというから、一般的に言うと抵抗力はそれなりにあったと思うのだが...ラオス人リーダーフンパン兄さんの家族は、数年前4人中3人マラリアを患ったという。

去年はデング熱が盛んで、そういえば身近でも患った人がいた。言いかえると、かかる人も多いが、一般的に日本で思われているよりは、かかっても治癒している人も多い。そういう意味でも身近な病気である。しかし一方で、亡くなっている人がいるのも事実。やはり、油断は禁物...


団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net