アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

5月25日(金)里帰り

ラオス現地代表 新井 綾香
2007年5月25日 更新

以前働いていたAARの車椅子工房に今日は里帰り。当時から変わらないスタッフと技術者に心が温かくなる。当時、私はラオス語がまったく話せず、彼らは片言の英語で必死にコミィニケーションを取ってくれた。今、ラオス語で話してみると、何だか当時よりとても彼らが大人びたように感じる。お昼も食べずに車椅子を作り続けているトンシー。物作りが好きな姿は今も昔も変わらないね。

5月24日(木)同窓会

ラオス現地代表 新井 綾香
2007年5月24日 更新

JICAのスタッフと久しぶりにゆっくりと夕食。そして2年ぶりくらいにナジム(インドカレー屋)に行く。カムアンでは食べられないオクラのカレーとナンに満足。実は、このJICAの人たちとは東京にいた頃からの長い付き合いで、かれこれ7年!(当時は3人で食事をすることなど想像さえしなかったけど)当時の同窓会も兼ねての食事会となった。話は思いもよらず、「日本の援助のあり方」の話になり、相手の以外な意見にびっくり。もっと早くこういう機会があれば、もっと早く歩み寄れたのにと少し後悔。でも、今日は久しぶりの小さいな同窓会、本当に楽しかったです。

5月23日(水)人

ラオス現地代表 新井 綾香
2007年5月23日 更新

石川さんと東さんとユララで昼食。うーん、やはりビエンチャンは情報量が違う。カムアンにいると地方行政の動きはそれなりに掴むことはできるけれど、中央政府でどのような事が起きているのかは新聞やテレビの情報に頼りきりになってしまう。特に最近森林や土地にのイシューでは変化がめまぐるしく、毎日のように新聞を賑わせており、それについていくだけでも必死(地方行政がちゃんと付いていっているのかも謎だが。。)だけど、ビエンチャンでは人伝えに、生の情報を聞くことができるから面白い。そして、人に会うことで帰国前の良いストレス発散にもなっていることに気付く。

5月22日(火)タイミング

ラオス現地代表 新井 綾香
2007年5月22日 更新

ラオスは物事が動かない時には数ヶ月も全く動かず、動く時にはものすごい勢いで急展開する。そして、その急展開した際の迅速な判断と判断のタイミングが明暗を分けることが多々ある。そんな急展開な動きが今日まさにカムアンであったが、ここはビエンチャン。自分のタイミングの悪さを呪う。

5月21日(月)ビエンチャン

ラオス現地代表 新井 綾香
2007年5月21日 更新

実はもうすぐ一時帰国します。そのため、今週1週間はビエンチャン勤務。仕上げ切れなかった報告書や帰国報告会のパワーポイント作り、そして会計報告などビエンチャンにきてもやはり仕事は盛りだくさん。そして、タケークからの電話も鳴り止まず。

5月18日(金)タケーク日本人会

ラオス現地代表 新井 綾香
2007年5月18日 更新

今日はタケーク日本人会の夕食会。この2年でタケーク日本人の顔ぶれも随分入れ違った。2005年の当時から今までいるのは、私と斉藤さんだけになり、他は全て(といっても3人だけだけど)新しい顔ぶれになった。7月以降はこれに協力隊の2名も加わり、また更に一層賑やかになる。

5月17日(木)哀しいとき。

ラオス現地代表 新井 綾香
2007年5月17日 更新

一時帰国の前にきれいに部屋を掃除。大切に保管しておいた日本食、いざという時に食べようと楽しみにしていたのに、結局「いざ」という時が来ず、賞味期限切れになる時。

5月16日(水)ラオスのお母さん

ラオス現地代表 新井 綾香
2007年5月16日 更新

ラオスのお母さんと日本のお母さんを比べると、確実に日本のお母さんの方が忙しいように思う。ラオスでは子供は自分で洗濯や料理ができる年齢になると、大抵は自分でそれをこなす。(小学生くらいの子供でも自分でやる家庭もある)高校生(娘)などがいる家のお母さんは夕食の支度はたいてい娘たちの仕事であり、いわゆる日本の主婦が夕方に忙しくしているような姿はあまり見られない。ちなみに、友達のシンちゃんのお母さん(メー)は、一日の半分ぐらいをハンモックの上で過ごしているのではないかと思われる。メーの隣のハンモックにぶら下って、過ごす時間は私にとっても心休まる時間だ。

5月15日(火)オフィス管理

ラオス現地代表 新井 綾香
2007年5月15日 更新

オフィスの人数が増えていくにつれ、当然だが問題も多くなり、決りを作らなければ統制できないことが出てくる。自分が前任者から受け継いだのはオフィス管理を行うにはできるだけ不公平感を作り出さないことと、それから規則に縛られ過ぎないこと。(また、逆に規則の「例外」をあまり多く作らないことも大切)言うは簡単だが、実践は難しい。

5月14日(月)スタビライザー

ラオス現地代表 新井 綾香
2007年5月14日 更新

スタビライザーを使用していたにもかかわらず、テレビとパソコンが雷のため壊れ腹を立てる。そして、なぜかスタビライザーだけは無事なことにもっと腹を立てる。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net