アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

12月15日(金)〜12月24日(日)インド研修のためお休み

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年12月15日 更新

12月14日(木)本日のお仕事

−インド行きの航空券を受取り、
−スワニー(ラオス人スタッフ)と簡単な打合せ
−JICA会計の作成
−東京へ送る領収書をまとめ
インド研修参加のため、ビエンチャンへ。午後1時すぎにビエンチャンについて3時間で終わらせる、終わると信じているけれど、どうなることか。もうやめようと思いながらも、いつも最後はやっつけ仕事になってしまう性格はJVCに入ってから培われたような気がする。

12月13日(水)祝 誕生日

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年12月13日 更新

ついにこの日が来てしまいました。20代最後の年。20代、思えば色々なことがありました。20歳の誕生日を迎えた頃には、まさか自分がラオスに住むことになるとは夢にも思っていなかった。この1年、これ以上やり残した事がない!というくらい、色々なことをして、そして無事に来る30代を迎えられますように。そして、たくさんの人に「おめでとう」と言われる自分は、本当に幸せだし、そう思わなければバチが当たると思う。

12月12日(火)サプライズ

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年12月12日 更新

今日は新スタッフマニコーンのウェルカムとインターンのまゆみちゃんのさよならを兼ねたパーティーを企画、アヒルのバーベキューと焼き魚でみんなで乾杯した。ところが、8時過ぎに急に電気が消え、ロウソクのついたケーキが登場!全員でハッピバースデーの合唱でなんと私の誕生日をお祝いしてくれた。いつも心の中で「この、ラオス人め!!→口に出しては言えない」と思っている自分を反省。そして、ありがとう。これからもよろしくね。

12月11日(月)風邪

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年12月11日 更新

鼻水とのどの痛みが取れない。そんな時に限って堆肥の作成や苗床作りなどの重労働作業がある。しかし、始めは調子が悪かったものの、現場に出て村人と話し汗をかくとオフィスに詰めているよりも気分がよくなったのは不思議だ。ペーパーワークしたくない病なのかもしれない。

12月8日(金)ひ弱

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年12月 8日 更新

昨日の夜、思わぬ電話をもらい、喜んでいたのも束の間、朝起きると微熱があり、どうやら体調を崩したらしい。インド出張を来週にひかえ、こんな時に限って体調を崩す自分に落ち込む。そういえば、今年はカンボジア出張の直前にデング熱にかかり、そして去年は寄生虫の入院で同じくカンボジア出張に遅刻したことを思い出す。我ながらなさけない。と言うことで、今日は大事を取って家で休養。

12月7日(木)ミーティング

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年12月 7日 更新

いつもの事ながら、ラオス人スタッフとのミーティングはものすごい気力と体力を消耗する。ラオス語で自分の思っていることを思っている通りに言えないストレスもあるけど、自分で結論を出すのではなく、なるべくラオス人に考えてもらうように仕向けようと何かと気を使う。午前中は農業チームとのミーティング3時間、午後は森林チームとのミーティング2時間、そして今年の乾季には死ぬ程仕事があることが確認できた。この乾季、一人で乗り切ることができるのか?

12月6日(水)乾季作

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年12月 6日 更新

乾季作の米づくリがここカムワンでも既にスタートしている。村人は11月に雨季作の刈り入れを終えると、12月にはもう乾季米に取りかからなければならない。本当に休む時なんてないのだ。そう考えると、灌漑を入れて1年に2回も重労働しなければならないことが、本当に利のあることであるのかは疑うべきことだろう。ブンフアナカーン村でも乾季作がはじまった。この村の世帯は全ての世帯が化学肥料を用いている。化学肥料は1本で約15$。平均1世帯あたり100$程度化学肥料代に消えるという。それに加え、耕運機のガソリン代、灌漑の水代などを加えると収穫量と比較してもほとんど黒にはならないだろう。それでも、化学肥料は使えば収穫が上がるという意味で効果の「保障」がある。液肥や堆肥は土に良い事は頭では分かっていても、効果の「保障」(すぐに収穫が上がるという意味での保障)が見えないため、なかなか方向転換がきかないのだろう。それは、村人が怠惰だろか、長期的にものを見る目がないとかではなく、それだけ村人の生活は厳しいということなんだろう。

12月5日(火)読書週間

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年12月 5日 更新

ラオスに来てから、これまでの人生の中で一番多く本を読んでいるような気がする。先月は4冊程読んだ。そもそも、私は子供の時には本が大嫌いで漫画本でさえも読まなかったくらいだ。大きくなるに従って、少しずつ本を読むようにはなったけど、それでも「娯楽」としてはテレビや映画、ショッピングのほうがよっぽど手軽で楽しいし、本に割く時間は必然的に通勤の電車の中だけに限られていた。本を通して、自分の中には今までなかった価値観や考え方に出会うことが今カムワンでの一番の娯楽かもしれない。お勧めの本、ありましたら、JVCカムワンまでよろしく。

12月4日(月)建国記念日につき、お休み

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年12月 4日 更新

12月1日(金)年末

早いもので、今年ももう最後の月になった。このぶんだと、12月もあっという間に終わりそうなので、気付いたら正月になっていそうだ。やり残したことはたくさんありそうなのに、時間だけが過ぎていく。今年ものこり1ヶ月。悔いのないように過ごしたい。


団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net