アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

9月25日(月)〜28日(木)磯田さん登場

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年9月25日 更新

JVC副代表、磯田さんを迎えてのワークショップの開催!GMの後、引き続きのワークショップで、ローカルスタッフも日本人も疲れ気味。特に私は、GMから数えると休みなしで2週間ぶっ通しの会議通訳をしなければならず、ほぼ通訳機械人間と化す。耳から入ってきたラオス語を脳に送り、口から日本語として出すという作業を機械的に繰り返すだけで、ぜんぜん言葉が頭の中に留まらない。半分頭が死にかけている。
最終日、ノンパーラクシーでラオス人スタッフ共々、食事をし、ラオダンスで踊り狂う。磯田さんがラオス駐在時、デスコテイクの女王だったという噂はどうやら本当だったようだ。

9月23日(金)休息

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年9月23日 更新

GMが終わり、明日は磯田さんの受入。今日は予備日でつかの間の休息を得る予定だったけど、GMが昨日で終わらず、本日午前中まで伸びる。午後は場所を変え、日本人のみでタケクトラベルウオッチに行き、カプチーノを飲みながら、アドボカシーMTG。カプチーノのやさしい泡とコーヒーの香りが疲れた心を癒してくれた。

9月19日(火)〜22日(木)General Meeting

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年9月19日 更新

ラオス事務所で半年に一度行われているミーティングが今日からスタート。今日は森林チームの報告。ミーティングでは、報告よりも、なるべく議論にフォーカスしたいと思うのだけれど、これがなかなかうまくいかない。村間の境界線問題、企業など全くの外部者の侵入の問題、郡や県の役人、警察などが絡む問題など、数え上げたらきりがなく、この問題解決全てにJVCがかかわっていくのは不可能に近い。JVCとして何が可能であり、何にフォーカスしていくのか?
そんな混沌とした状況の中にも、いくつかの希望が見える。ノンプー村では、某製紙会社が植林の依頼に村に訪れた際、村のボランティアや村長皆で相談し、製紙会社の申し出を断ったという。製紙会社に植林のための土地を提供すれば、村に土地のリース費用を受け取ることができる。従って、多くの村の村人は深く考えず、土地の提供に同意してしまうケースが多いわけだが、ノンプー村は他村から得た情報や、これまでの経験を基に、皆で話合い土地の提供を取り止めたという。ノンプー村は10年近くJVCが関わってきた村の一つだった。

9月18日(月)ビエンチャン−カムアン

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年9月18日 更新

東京の川合さんが到着し、しばらく滞在したビエンチャンを後に、再びカムアンへ。これでしばらくはスタゲッティーやケーキともお別れだと思うと悲しいです。久しぶりに車窓からゆっくり眺めた13号線は、植林したてのゴムの木が数箇所で見られ、ゴム植林の勢いを目で実感。その結果の是非はまだ誰にも分からないのに。

9月15日(金)お休み

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年9月15日 更新

松浦さんのアテンドにつき、お休み。

9月14日(木)お休み

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年9月14日 更新

松浦さんのアテンドにつき、お休み。

9月13日(水)松浦さん

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年9月13日 更新

友人がラオスに来た。友人といっても、年齢は私の母親と同じくらいで、もう一人の母親のような存在だ。彼女は元々私がAARに勤めていた時のボランティアさんで、私がAARを辞めてからも、お手紙やメールなどで連絡を取っていた。2人でラオス料理をお腹いっぱい食べて、メコン川のほとりでラオビアを飲みながら、その当時はできなかった思い出話しを沢山した。AAR時代には確かに嫌なことも、辛いことも沢山あったけれど、それらは今の私を確かに形作っている基盤となっている。一人の人間として尊敬できる人たちとの出会いは何にも代えることができない私の中の宝物だ。そして、あの人。長さんがどうされているか、とても気になった。久しぶりに連絡を取ってみようと思う。

9月12日(火)ボランティアチーム

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年9月12日 更新

ボランティアチームの山口さん、アライさんと昼食。ゴンドラというビエンチャンで一番おいしいスパゲッティイ屋に行き、カムアンでは食べられないパスタを食べる。カムアンでもトマトが手に入るので、私も自分で時々トマトソースを作るけど、なぜかやっぱりこの味は出せない。今回、ラオスを訪れたボランティアチームは4人。こうやって久しぶりに顔を合わせると、とても勇気付けられるし、元気が出る。日本で自分のことや、自分たちの活動を応援してくれる人がいるということを、常に忘れてはいけないし、だからこそ、いつも負け試合はできないんだということを、しっかりと心に留めておかないといけない。

9月11日(月)久しぶり

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年9月11日 更新

JICA波多野さん、堀部さん、関根さんと夕食。久しぶりのビエンチャンで久しぶりのタラチンの中華料理を堪能し、久しぶりに関根さんと再会した。関根さんは私が以前所属していたNGOの時に知り合った人であり、3年ぶり近くの再会。世間はほんとうに狭い。まさかこんな世界の片隅でまたお会いするとは夢にも思いませんでした。今度また当時の思い出話でもぜひしましょう。

9月8日(金)上京

ラオス現地代表 新井 綾香
2006年9月 8日 更新

ビエンチャン入りしたボランティアチームの人に会うためにビエンチャン入り。久しぶりのビエンチャンはちっとも変わってなく(当たり前か)相変わらずJVC事務所近くのフルーツシェイク屋のマンゴー+ヨーグルトシェイクは最高だった。今日の夕方はマイパナー会への参加、土曜日はボランティアチームとの会食会、月曜日はJICAの人とMTGと来週は忙しくなりそうだ。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net