アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

1月31日(火)ラオスに純文学は成立するのか?

ラオス現地代表 名村 隆行
2006年1月31日 更新

山田稔の「コーマルタン界隈」を読みました。
まず、人を理解しようとする際の、等身大の思考プロセスに、とても親近感とユーモアを覚えます。出合った人物の性格を知ったかぶりせず、得られた断片的な情報と自らの思考のスペックに合わせて解釈したり、妄想したり、悩んだりする、その過程が、本当に上手に書かれてます。思考の先走りに伴うオチがついていたりして、純文学なのに、声をあげて笑ってしまいました。一番印象的だった箇所は、ベレー帽をかぶった東洋系の物乞いと会う場面です。

日本語表現という観点からは、たしかに、須賀敦子の、あの、登場人物の息づかいすら感じられる繊細な日本語に比べれば、文章はシンプルです。だけど、街ですれ違う人々に対する自分の情感の推移を、小気味いい日本語で、時には軽妙に、時には重厚に表現しているがゆえに、作者と対象との距離感や、人生の孤独を、実にテンポよく味わうことができました。

でもやはり、フランス滞在経験があれば、なおおもしろい作品だろうけど。

本を読むことは友達づきあいと似てるなあとおもいます。きちんとつきあってあげれば多少難解でもいい味を感じられるもの、容易な文章でみごとに表現してあり、もっともっと読みたいとおもうもの、まったくその逆で、読みやすいなぁとおもって読んでいたら、内容が安易なので途中でつまらなくなったもの、難解な文で意味不明でなのであとがきだけ読んで、さよならするもの、などなど。自分が最後までおつきあいする本で共通しているのは、文章表現もたしかに重要ですが、もっとも重要なことは、そのひとのまなざしの奥深さを感じられるかどうかでしょうね。

この本を読んだ後、なぜ、孤独を基調として、そこに生きる人々の人生を豊かに描く文学作品が東南アジアを舞台に成立しないのか、無性に誰かと議論してみたくなりました。ただ、自分がそういう作品を知らないだけかもしれないので、だれか、そういう本があったら紹介してください。

1月30日(月)再掲

ラオス現地代表 名村 隆行
2006年1月30日 更新

身内びいきで大変恐縮だが、ボランティアチームの小冊子の「ラオスの暮らし」を読み返していたら、以前、うちの嫁さんが書いた原稿があり、改めていい文章だなとおもったので、一部抜粋して、ここに再掲します。

解説を加えるのは野暮なんだけど、ポイントは、ラオスと筆者との距離感をきちんと描いている点。ラオスを誉めてもないし、けなしてもない。ただ、そこに横たわっているものを、丁寧に眺め、静謐なトーンで表現してあります。

-----
両手に野菜を下げて帰るころは、左手に見えるメコン川の残照が燃えあがる時刻だ。カランコロンと響くのは、悠然と家路につく水牛の首の鈴の音。炭で煮炊きをする家々から上る、やわらかな白い煙がもやのように立ちこめる。
パソコンでの個別宅配にくらべて、買い物にも調理にも時間はかかるが、「これが本来かかる、省略しない『時間』なのかもしれない」と思いながら、開け放ったドアから炭の匂いと子供たちの遊ぶ声が入り込む台所に立つ。
会社勤めをしていた独身のころ、ビルの中から夕暮れの空を眺めるたび、私は一生、夕焼けをこんなふうにガラス越しに眺めるのだろうか、と思ったことを、しばしば思い出す。一日で一番空が美しく輝く時、夕焼けの空を、どこでどのように眺めるか、それを基準に人生を選べないものか、などと夢想したころを。
土ぼこり舞う田舎町。メコンの夕陽。水牛の鈴の音。炭の匂い。この静かな生活は永遠に続くわけではないけれど、日本に帰って、何十年も経ったころ、ふいによみがえるであろう。私の一生の中でも、ひとつの、たしかな原風景として、いま、記憶の底に染みついている最中だ。

1月27日(金)Tourist Information Centre

ラオス現地代表 名村 隆行
2006年1月27日 更新

そういえば、先日、家から事務所まで、てくてく歩いて出勤していたら、朝市の近くに、Tourist Infromation Centreがオープンしていた。遅刻覚悟で、入って見学してみたのだが、各県の歴史や名跡などが紹介されていたりして、なかなかよくできている。

ただ、欧米人の旅行者が、目的地までの行き方やバスの時間を聞いていたのですが、TICのスタッフがシドロモドロになっているのを見て、ソフトが充実するには、まだもう少し時間がかかりそうな印象はもちましたが。

ラオスに旅行に来られたら、ちょっと立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね。

1月26日(木)結果にこそこだわれ

ラオス現地代表 名村 隆行
2006年1月26日 更新

外資系企業の勤めている旧友から、月々の業務査定の厳しさを聞いたことがある。いかなる状況でも、余裕をもって淡々と仕事を進められるほどの高い能力をもつその友人が、ちょっとした弱音を吐いていたことが一番の驚きだったのだが、やはり、国際協力業界とは、結果に対して非常に甘い世界なのだと、改めて思ったものである。

結果が悪かろうがよかろうが、援助した事実そのもので満足する世界になっている。援助の結果を出せなかったがゆえに、担当本人が任期途中でクビになった例は、ほとんど聞いたことがない。もっともっと、自らの使命と結果にこだわる人が増えて欲しい。

1月25日(水)古いパスポート

ラオス現地代表 名村 隆行
2006年1月25日 更新

1998年に取得した10年パスポート。増補したにもかかわらず、もう出入国スタンプを押すページがなく、3年を残して、新しいパスポートに切り替えることになった。
改めて、パスポートのページをめくると、それぞれのスタンプや査証に、自分の輝ける光と闇が刻まれている。大切な思い出が詰まったこの小さな赤い本、容易に捨てられそうもない。

1月24日(火)思考と体力

ラオス現地代表 名村 隆行
2006年1月24日 更新

引継書類を作成開始。この手の過去志向の書類を書くのって、かなり疲れる。戦略ペーパーとか計画書のほうが、未来への夢が詰まってて好きだ。と、好き嫌いで仕事しているわけにもいかないんだけど。

どうにもこうにも煮詰まってしまったので、仕事が終わると、薬草サウナに駆け込む。

どうも体力が落ちている。体力が落ちると思考力が落ちる。疲れたアタマに癒しのサウナもいいのだが、究極的には、身体を鍛え直さないといかん。

1月23日(月)世界の広さ

ラオス現地代表 名村 隆行
2006年1月23日 更新

週末のバンコクで過ごした時間が、極彩色の鮮やさをもって蘇ってくる。
知的冒険に飢えている。だれか、この世界の広さを、もっともっと教えて欲しい。

1月20日(金)ご縁

ラオス現地代表 名村 隆行
2006年1月20日 更新

バンコクにて会食。アジア地域の天下国家を論じる力のある人物と出会う。経産分野の方なので、立ち位置が微妙に違うし、MBA美学に組み出来ない部分もあるんだけど、市場経済がもつ価値の創造と破壊、「公」や「国家」の不在、などなど、現状を憂いて経国済民を考えるスタンスに共感。

とても不思議な縁が取り持った出会いだったが、まさかまさかこういう展開になるとは。人の出会いって、実に素敵で、そして実に危険だ。

1月19日(木)過去の遺産は生かされているか?

ラオス現地代表 名村 隆行
2006年1月19日 更新

元JOCVの黒岩くんに、彼が記録しつづけていた月間報告書を送付してもらった。
単なる養殖活動の記録に留まらず、現在の国際協力事業に関する重要な問題提起も行われており、非常に貴重な財産である。

協力隊員同士の横のつながりはあるのだろうけど、縦のつながり、つまり過去の隊員がもっていた経験の蓄積とシェアって、現在の協力隊員や専門家にどれだけきちんと行われているのだろうか。このような貴重な報告書が埃をかぶっていないことを祈りたい。

1月18日(水)ボタンの掛け違い

ラオス現地代表 名村 隆行
2006年1月18日 更新

繰り返しになってしまいますが、わたしの貧しい経験で言えば、こと人間関係に関しては、過去にさかのぼってボタンの掛け違いを直すことはできません。人間関係の修復を図りたいのなら、同じ穴にボタンを何個もぶち込み、無理にでも元のボタンの位置に合わせていくしかないでしょう。

泥沼に陥らないようにわたしが心がけているのは、過去の過失を訴求しないこと(「でもあんとき、お前は〜」のような発言はしないこと)、言いたいことがあるんだったら、言葉を選んでその場で直接伝えるか、あるいはその言葉を飲み込んで一生我慢するか、などなど、でしょうか。

またも人生相談。40代50代をどう捉えるかということにもよるが、今のこの20代30代の蓄積次第で、その後の方向が大きく決まってくるはず。この大切な数年を、どこに賭けるべきなのだろうか。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net