アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

12月9日(金)下から上から

ラオス現地代表 名村 隆行
2005年12月 9日 更新

今日は東京農工大の乾さんと村に入ったのだが、なぜ村人自身が過剰に木材伐採をするようになったのか、という問いに対して、村人が興味深い答えをしていた。

要約すれば、1985年以前は、木が金になるという発想はほとんどなく、家の建材に使われる程度であった。ところが、外貨獲得のために、国営企業(ここではBPKP)が木材伐採を推進しはじめ、85年ごろから、この地域でも木材伐採が盛んになってきた。村人も、この勢いに乗じて、大径木を伐出して売るようになった。

つまり、政策的に作り出された市場のインセンティブによって、森林は減少してきたのだという。

巨大な利権がうごめく木材取引をコントロールすることは容易ではないだろう。しかし、違法伐採や貿易構造・市場に注目して、木材取引に関する国際条約や二国間条約をターゲットに森林保全のアプローチしているFoEJのような活動の重要性を、今日は改めて感じることとなった。

発想は地面から来るべきであるが、地面を舐めるような活動だけでは、世界は変わらない。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net