アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

12月29日(水)よいお年を

ラオス現地代表 名村 隆行
2004年12月29日 更新

今日で仕事納め。
本当はここで年末恒例の年間10大ニュースでも発表したいところですが、シャレにならない出来事も多く、公表は差し控えておきます。
今年の正月は、ここラオスで、誰かの家に行って、紅白でも見ようかと思います(ただ、時差の関係上、紅白は夜10時前には終了し、夜10時に、行く年来る年をみることになりますが)

この1年間のご支援を感謝するとともに、みなさまのご多幸を心よりお祈り申し上げます。よいお年をお迎えください。

12月28日(火)乞うご期待

ラオス現地代表 名村 隆行
2004年12月28日 更新

最近こっていたのは、村の情景や人々を撮りためた写真をCD-ROMに編集し、BGMをつけて作品集をつくること(横山さん、ソフトの紹介、どうもありがとうございました)。BGMをいろいろ試してみたのですが、驚くことに、ジョンレノンの曲は、東南アジアの情景と、ばっちり合いますね。ただ、ジョンレノンの曲に写真をつけて眺めていると、なんとなく某生命保険会社のCMに思えてしまうところに、CMのすり込みのすごさと恐ろしさを感じる。

12月27日(月)挨拶周り

ラオス現地代表 名村 隆行
2004年12月27日 更新

いつできたものなのかわからないが、ラオスでは年末の業務として、クリスマスカードの作成と配布、外務省や関係各省庁への年末の挨拶周り、そして関係者へのカレンダーの配布をする習慣になっている。また、できればスタッフへの忘年会のようなものも、場合によっては必要かもしれません。
最近の日本より、ある意味、義理堅い国だとおもう。

スマトラ沖で発生した地震と津波に巻き込まれていないかどうか、何人かからメールを頂きました。なかには、十年来連絡をとりあってなかった大学時代の先輩からも無事を確認するメールをいただき、人のつながりの温かさを感じます。私もプーケットには家族で行ったことがあるので他人事とは思えず、被害に遭われた方の無事を心よりお祈りいたします。

12月24日(金)メリークリスマス

ラオス現地代表 名村 隆行
2004年12月24日 更新

今日、JVCのみんなで朝食をとった店にいったら、「あのベトナム人はどこいったの?」と聞かれる。まゆさんのことだ。日本人と聞いて、びっくりしていた。現地人に間違われることは、現場スタッフとしては最高の栄誉だとおもう。

12月23日(木)もぐらたたき

ラオス現地代表 名村 隆行
2004年12月23日 更新

タケークへとんぼがえり。
JVCに参加したころには、2年後ぐらいには問題は解決してパラダイスがやってくるもんだとおもっていたが、2年半前たった今、問題はかえって山積みになっている。なるほど、仕事をするということは、延々ともぐらたたきをしつづけることなのだ、と、ふと、わりきってみる。

12月22日(水)これからもがんがんやりましょう

ラオス現地代表 名村 隆行
2004年12月22日 更新

ひとり、またひとり、と帰っていって、現実がやってくる。さっそく、JICA事務所、オーストラリア大使館、などなど訪問。「夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」にはしたくないですね。こういうミーティングをどんどんやって、元気をもらいたいものです。

12月21日(火)一歩ずつ

ラオス現地代表 名村 隆行
2004年12月21日 更新

この3日間は、朝7時半に集合してから寝るまで、1日中話しっぱなしで、話すネタが尽きない。Fネタでかなり盛り上がってしまったのは、なんだかくやしい気もするが、やはり、みんなの脳裏に強烈にこびりついてたからなのだろう。

今日の話し合いで、今後の活動に向けたいくつかのアイディアが出た。ぎりぎりの費用と人材で運営している各事務所にとって、新たな業務を実施するのは、そんなに簡単ではないことは容易に想像がつく。ただ、普段離れて仕事をしているスタッフが顔を合わせてJVCの将来を語る場をもてたことは、はじめの一歩としては、それほど悪くない。

次回は、今回残念ながら参加できなかったスタッフも参加してほしいですね。

12月20日(月)大集合

ラオス現地代表 名村 隆行
2004年12月20日 更新

清水さん、よねさん、山崎さん、まゆさん、田坂さんと、カムアンの対象村訪問。
新しい気付きがあり、みんなと話しているだけで楽しい。
そして、JVCにリソースがそろっていることに改めて感心。今まであまり内部のリソースを活用していなかったことに驚く。いや、機が熟したというべきなのだろう。

12月17日(金)

ラオス現地代表 名村 隆行
2004年12月17日 更新

今日の接客5人。そのうち、最近名村のマイブームになっているNGOマネージメントについて、今日一緒に昼食とったGAPEのイアンが面白いこといってました。
「スタッフを雇うのであれば、プロジェクトを実施する事業地の現地の人を雇ったほうがよい」と。理由は、やめない、事情通、人件費低い、など。デメリットももちろんありますが、自分にとっては新しい考え方だったので、紹介しておきます。あと、タイとラオスの交流より、カンボジアとラオスの交流のほうが、よりよい知見を得られるのではないか、という意見も、自分にとっては新しかった。ご参考までに。

12月16日(木)むなしい会議

ラオス現地代表 名村 隆行
2004年12月16日 更新

ダム関連の会議に出席。
もう、この手の会議には、なにも期待するまい。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net