アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

10月8日(金)対等なパートナーって?

ラオス現地代表 名村 隆行
2004年10月 8日 更新

午前中ミーティング、午後ラオス人スタッフの契約更新、と、割とシリアスな日。
2人の契約更新にともなって給与査定を行ったが、ひとりの契約がかなり難航。私と当スタッフ双方の主張がかみ合わず、交渉が決裂し、改めて協議の日を設けることとなった。

給与とは、財務分析と就業規則とスタッフの過去1年間の評価に基づく判断から導き出されるのだが、その他、他のスタッフや他のNGOとの給与バランス、または業務だけでない定性的価値(事務所内の人間関係など)をカウントしながら決める。非常に多くの定量・定性の変数によって決められる、その「厳正な判断」とやらは、実は決定する人の主観でかなりブレる。

ずっと以前に読んだ、JVCが10周年のときにまとめたJVCの基本方針なる冊子には、「現地のスタッフとは雇用-被雇用の関係ではなく、共通の問題に立ち向かう対等なパートナーとして協力しながらプロジェクトを実施すること」といったようなことがかかれていた記憶がある。たしかに、自分は雇用者としての強権を発動するつもりはないし、十分な時間をかけて、この問題を解決しようと考えている。しかし、このままこの議論が平行線を辿り、後に禍根を残しかねないのであれば、雇用者という強権を、よくいえばリーダーシップを発揮せざるを得ないだろう。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net