アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ラオスMonthly report(2011年11月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2012年3月29日 更新

郡当局活動地視察

9月の終了前評価を受けて、10月に直接のカウンターパートである郡農林事務所以外の関係諸機関とも活動の進捗を共有し、今後の連携強化を確認したが、その際に合意した郡当局による活動地視察がそれぞれ行われた。副郡知事他、農林事務所、農村開発事務所、郡行政部部長など、多くの関係する郡当局者が参加し、PLUPの活動地や、SRIの田を視察し、村人と話し合い、境界線問題や井戸、米銀行といった活動について村人の声を聞いた。

村人は、単にJVCの支援に感謝を示すのではなく、米銀行であれば米倉を自分たちで作ったこと、井戸であれば基金を集め、修理の研修も受けて自分たちで修理していることも発表した。また、森林活動については、郡に境界線問題の解決への助力を要請するなど、意味のある議論がなされたた活動地視察となった。

JVCとともに作成した地図を使って境界線問題について説明する村人JVCとともに作成した地図を使って境界線問題について説明する村人

ラオスMonthly report(2011年10月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2012年3月29日 更新

SRI/経験交流

11月から始まる刈り入れを前に、雨季作経験交流を実施。実践者が8村10名と小規模だった昨年 の同時期は、その中から最も生育のよい田を選び、そこに他の村から多くの農家が訪れる形の経験交流を実施した。それに対し、15村62名の実践者となった今年は、実践者のいる村では、各村で「村内」経験交流を実施した。全ての村に「モデルSRI農家」と言えるような農家がいるわけではないが、ある程度生育の良い田は全ての村にあり、同じ村の村人が類似した条件下で取り組んでいる田を見ることで、「自分にもできるかな」と感じてもらうことを意図した。JVCラオスは、村人が完璧なSRIを実践しなくても、できる範囲で、やりやすい形で取り入れることで、できるだけ広くSRIを普及させたいと考えている。実践者のまだいない村については、実践者のいる村にまとまって訪れる従来の形の経験交流を実施した。

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net