アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • ラオスマンスリーレポート
現地ブログ from ラオス

ラオスマンスリーレポート

ラオスでの活動報告を毎月お伝えします。

ラオスMonthly report(2014年3月)

現地調整員 (個人名削除) 現地調整員 林 真理子
2014年5月20日 更新

農業・農村開発

稲作技術改善

JVCでは、稲作技術改善のために、苗の植え方や有機肥料の作り方などを指導している。日本では、田植えの時期になると、苗が1本ずつ、等間隔で水田に植えられる。ラオスでは、伝統的に、10本ほどの苗が一緒に植えられてきた。しかし、10本の苗を一緒に植えると、土の栄養分を10本の苗が奪い合うので、健全に生育せずに枯れてしまう苗があり、結果的に米の生産性が低くなってしまう。そこで、JVCでは、10本ひとかたまりの植え方ではなく、本数を減らして苗を植える方法を指導している。この手法は、SRI(System of Rice Intensification: SRI)と呼ばれている。

JVCがプロジェクト第1フェーズでSRI研修を開始した頃は、幼苗の1本植えを村人に紹介していた。しかし、1本植えだと、水田に生息している小ガニに苗が食べられてしまうことを村人が恐れるので、最近では、1本植えにこだわらず2~3本植えでもOKということでSRIを紹介している。

今月は、乾季にSRIで稲作を実施しているモデル農家(ピン郡サイソンブン村)を訪問し、稲の生育状況のモニタリングを行った。水田の横に灌漑用の水路があるので、乾季でも稲作を行うことができる。SRIのモデル農家ということで、水田をSRIとNon-SRIに分けて利用し、生育度合や収穫状況の違いを示すことに協力してもらっている。2月下旬にモデル農家を訪問した時は、1月に植えられた苗が順調に成長しており、水田の緑が目にまぶしかった。

Non-SRIの田んぼNon-SRIの田んぼ
SRIの田んぼSRIの田んぼ

ラオスMonthly report(2014年2月)

現地調整員 (個人名削除)
2014年3月18日 更新
JVC総会の様子JVC総会の様子

JVCでは、半年に一度(2月と8月)、過去半年間の活動を振り返り、次の半年の活動計画と重点目標を話し合う場として、JVC総会(General Meeting:GM)を開催している。JVCラオス事務所では、2月17日~19日の3日間にわたってGMを実施した。現在、JVCラオス事務所には、ローカルスタッフが10人、日本人スタッフが2人勤務している。この12人に加え、JVC東京本部のラオス事業担当者もGMに参加し、JVCラオスに関して様々なことが話し合われた。

ラオスMonthly report(2014年1月)

現地調整員 (個人名削除) 現地調整員 林 真理子
2014年2月 4日 更新

農業・農村開発

米銀行

米銀行の説明(日本語版)は、こちら

ラオスでは、11月下旬から12月にかけて米の収穫期を迎える。米の収穫を終えた村人は、1月になると米銀行から借りた米を返却にやってくる。収穫期直後の1月から数カ月は、ほとんどの村人にとって米が足りている状態であるが、毎年、5月頃になると、前年12月に収穫した米のストックが尽き始める。毎年6月1日に米銀行をオープンし、村人に米の貸出を開始する。利子は、村人の話し合いによって決められているので、村によって利子が若干異なるが、だいたい10%~15%である。100キロの米を借りた村人は、115キロ返さなければならない。

今月(1月)は、米の返却状況の確認のために対象村を訪問し、米銀行委員会のメンバーと会合を行った。返却率が高い村では、(1)村内の結束力が高いこと、(2)米銀行委員会の役員の責任感が強いこと、などの特徴があげられる。一方、返却率の低い村では、この逆の特徴が見受けられる。1月中旬に訪問したある村では、ほとんど誰も米を返却していなかった。その理由をたずねたところ、「たくさん米を借りた村長が、全然返却していないのだから、自分たちは返却したくない」という返事が返ってきた。その後、村長を訪問し、借りた米を早く返却するようにお願いしたところ、3回に分割して返却するとのことで、1回目の返却を行った。その後、その村では、他の村人も米の返却を開始した。

ラオスMonthly report(2012年1月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2012年5月29日 更新

 SRI/乾季作フォローアップ

6村13名の乾季SRI実践者の田をフォローアップ。特に今回初めての実践となる村を中心に回り、水の量の調整、肥料の投入などについて話し合い、各SRI実践者の田にプレートも設置した。また、ある実践者が市場で購入したプラスチックの箱、あるいは古タイヤを利用して大量のお手製苗箱を使用していることが分かった。苗箱はこちらではほとんど使用されておらず、JVCとしても活動の一環として正式に村人に紹介したことはないが、以前彼に紹介したところ、大変気に入り、我々の知らないところでこのように拡大していた。

その他今回はSRIの他に直播を試している農家もあり、こちらのフォローアップも行った。これは昨年5月の東北タイ複合農業スタディーツアーの際に見学した技術の一つで、JVCラオスとしても経験がないが、今回このスタディーツアーの参加者からこの技術について聞いた他の村人が実践する運びとなった。

様々な資材を用いた苗箱様々な資材を用いた苗箱

ラオスMonthly report(2011年12月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2012年4月19日 更新

SRI/乾季田植え、田植え式

プロジェクト1年目雨季は前プロジェクトの活動地視察のみ、乾季に初めての実践者が誕生し、2年目雨季に8村10名が実施、そして3年目雨季に15村62名の実施となったSRIだが、この間に対象郡の郡農林事務所、あるいは郡行政当局でのSRIの認知度も大きく上がった。特にアサポン郡では郡知事の提案で11月に農林事務所にSRI担当技術者が設置され、また新たにこの乾季にSRIを実施する村が1村増えた。

12月にはアサポン郡で郡農林事務所主催のSRI田植え式が実施され、JVCスタッフがSRIを紹介、また実践農家が郡知事をはじめとした多くの出席者の前でSRIの実施方法等について発表を行い、田植えも行われた。今年の乾季作実践者は昨年の3村5名から6村13名となり、他の村でも田植え研修が行われた。また、引き続き各村のSRI雨季作の収量調査も継続、12月中に終わらせた。

多くの出席者で賑わった田植え式多くの出席者で賑わった田植え式

ラオスMonthly report(2011年11月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2012年3月29日 更新

郡当局活動地視察

9月の終了前評価を受けて、10月に直接のカウンターパートである郡農林事務所以外の関係諸機関とも活動の進捗を共有し、今後の連携強化を確認したが、その際に合意した郡当局による活動地視察がそれぞれ行われた。副郡知事他、農林事務所、農村開発事務所、郡行政部部長など、多くの関係する郡当局者が参加し、PLUPの活動地や、SRIの田を視察し、村人と話し合い、境界線問題や井戸、米銀行といった活動について村人の声を聞いた。

村人は、単にJVCの支援に感謝を示すのではなく、米銀行であれば米倉を自分たちで作ったこと、井戸であれば基金を集め、修理の研修も受けて自分たちで修理していることも発表した。また、森林活動については、郡に境界線問題の解決への助力を要請するなど、意味のある議論がなされたた活動地視察となった。

JVCとともに作成した地図を使って境界線問題について説明する村人JVCとともに作成した地図を使って境界線問題について説明する村人

ラオスMonthly report(2011年10月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2012年3月29日 更新

SRI/経験交流

11月から始まる刈り入れを前に、雨季作経験交流を実施。実践者が8村10名と小規模だった昨年 の同時期は、その中から最も生育のよい田を選び、そこに他の村から多くの農家が訪れる形の経験交流を実施した。それに対し、15村62名の実践者となった今年は、実践者のいる村では、各村で「村内」経験交流を実施した。全ての村に「モデルSRI農家」と言えるような農家がいるわけではないが、ある程度生育の良い田は全ての村にあり、同じ村の村人が類似した条件下で取り組んでいる田を見ることで、「自分にもできるかな」と感じてもらうことを意図した。JVCラオスは、村人が完璧なSRIを実践しなくても、できる範囲で、やりやすい形で取り入れることで、できるだけ広くSRIを普及させたいと考えている。実践者のまだいない村については、実践者のいる村にまとまって訪れる従来の形の経験交流を実施した。

ラオスMonthly report(2011年9月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2012年2月 2日 更新

SRI/フォローアップ

引き続きフォローアップを継続。SRI実践者のいる村に、除草機を配布した。SRIでは間隔を空けて稲を植えるため、光がよくあたり風通しもいいが、それは雑草にも同じことであるため、雑草もよく生える。雑草取りは重労働だが、真っ直ぐに植えてあるSRIの場合は、この自転式除草機を使うと割と簡単に除草ができる。また、昨年から既にこの除草機を使用している村人によると、「植えるときにも使える」とのこと。この除草機で田に線を引いて、それを目安に真っ直ぐ植える。言われてみると単純なことだが、「除草機」という思い込みからか、あまり考えたことがなかった。早速配布時にそのことを必ず申し添えるようにする。

ラオスMonthly report(2011年8月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2011年11月24日 更新

SRI/フォローアップ

自らのSRI田について説明してくれる村人 自らのSRI田について説明してくれる村人

7月中に全ての田植えを終えたSRIだが、洪水の影響調査も含め、フォローアップを行なった。フォローアップでは、追肥を勧めたり、虫害に液肥を使うようアドバイスしたり、といった技術的アドバイスもするが、目的はそれだけではない。SRIの田植えを終えたばかりの田は、通常の密植の田と比べて非常に頼りなく、近くの他の人や、時には家族にまで「こんなので本当に収穫があるの?」と言われたり、からかわれたりすることもある。そんなときスタッフは「もうしばらくしたら分桔してくるから」などと励ましたりする。また、実際に田がよい感じになっている場合は場合で、村人がスタッフに田を見せたい、という気持ちがあるので、アドバイスを必要とされていなくても、やはり時間の許す限り田を訪れて村人と語り合っている。

ラオスMonthly report(2011年7月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2011年11月24日 更新

SRI/田植え研修

5月からの今雨季の実践者調査、種米選別(塩撰)研修、堆肥液肥研修を経て、7月は実際に田植えを行なう実践研修に。JVCスタッフが村に出向き、その村の実践者が集まり、そのうちの一人の田で田植えを行なった。苗の扱いや、真っ直ぐに植える方法、間隔の取り方など、実際に田植えをしながら学んでいく。その後各参加者がそれぞれ自分の田でSRIの田植えを行なう。

田植え研修参加者で記念撮影田植え研修参加者で記念撮影

最終的に昨年雨季のの8村10名に対して、15村62名での実践と、大きな実践者増となった。堆肥研修などと同様、田植え研修でも経験者の村人と協働することでこの大幅増に対応することができた。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net