アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ファルージャ緊急支援 第2弾を開始します。

中東 パレスチナ最新情報 中東担当 佐藤 真紀 佐藤 真紀 佐藤 真紀
2004年5月24日 更新

ファルージャからの避難民の支援はイタリアのNGO、InterSOSに実施を委託し無事に終わりました。さらに食料配給を2日延長して行ったため最終的な受益者は1315家族になりました。

壊されたモスク壊されたモスク

ファルージャ救援の第2弾が進みはじめています。食糧配給プロジェクトでは、第1弾と同じく、イタリアのNGOであるInterSOSの協力を得ています。このNGOは、昨年からファルージャ近郊での活動を進めていて地域の理解を得ており、また、市内にイラク人ローカルスタッフも住んでいます。今回は、軍事衝突が終わり避難民のファルージャ市内への帰還が進む実情に合わせて、支援対象をファルージャ市内に戻った元避難民としています。

ファルージャからの国内避難民へ一週間分の食料を配給(10,000ドル)

中東 パレスチナ最新情報 中東担当 佐藤 真紀 佐藤 真紀 佐藤 真紀
2004年5月 1日 更新

JVCの緊急救援第一弾であるファルージャからの避難民への支援がほぼ終了しました(おかげさまで一週間で約100万円が集まりました)。当初は4日で終了する予定でしたが、4箇所のバグダッドのモスクに食料や医薬品を運び込むのに6日かかりました。
初日(17日)は、500家族分相当の抗生剤などの医薬品をカーク地区のスーファモスクに届けました。ここにはイラク赤新月社の野戦病院が作られています。19日は同じモスクに食料などをやはり500家族分届けました。20日〜24日の4日間はべつの3箇所のモスクに食料を配給しました。これで合計1040家族に一週間分の食料が配給されることになります。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net