アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

赤新月社の母子保健病院に被害

中東 パレスチナ最新情報 中東担当 佐藤 真紀 佐藤 真紀 佐藤 真紀
2003年4月 6日 更新

JVCが今年の1月より設備の改善を行っていたイラク赤新月社の運営する母子保健病院が、4月2日の米英軍による爆撃で被害を受けたことが判明しました。イラクの通信設備が破壊されたためにわれわれも更なる確認ができず、状況を憂いています。今までに手術室のライトと手術台を購入し、さらに超音波診察装置の修理を行っており、発注した部品の一部がヨルダンに到着したばかりでこれからバグダッドに届けるタイミングを見計らっている矢先のことでした。

2月に訪問した際の産まれたばかりの赤ちゃん2月に訪問した際の産まれたばかりの赤ちゃん

私たちが、1月末から2月半ばにバクダッドを訪れたときには、毎日のように病院をたずねては、新しく生まれてきた命の力強さに感動し、かつ励まされたものです。このような一般市民や、軍事的な施設とはまったく関係のない病院すらが攻撃されることには怒りを感じます。

また、いったん戦争が始まるとこのような民間施設が破壊され、多くの市民が犠牲になることは最初から予測できることです。したがってわれわれは米英の武力行使、また日本政府が武力行使支持を表明していることには強く反対していきます。

出産のお祝いに配ろうと日本で購入したこけしキーホルダー出産のお祝いに配ろうと日本で購入したこけしキーホルダー

アメリカの爆撃、イラクの病院を襲う

ヨルダンタイムス(ロイター)

アメリカのミサイルがバグダッドの赤新月社母子保健病院と近隣の建物を攻撃した。数人が死亡し、少なくても25名が負傷した模様。

攻撃は朝9:30に突然行われ、爆撃の合間の時間を選んで車を走らせていたドライバーを驚かせた。(空爆は夜間が多い)目撃者によると少なくとも5台の車が焼けて、ひねられたように壊されて路上に放置されていたという。運転手は車の中で焼け焦げて死んでいた。

地域の住民によると、少なくとも米軍は3発のミサイルを撃ちはなった。バグダッドのトレードセンターや、病院、教職員組合などのビルに命中したようで、爆風が病院に大きな被害を与えた。

「空襲があり、25人くらいの住民と働きに来ている人たちに被害があった。3人の赤新月社の職員も怪我をした。私たちはすべてのけが人を、2箇所の病院に運びました」赤新月社のオフィサーのアブドル・ハミード・サリームさんはバグダッドのイスカン病院でロイターの記者に応対した。

犠牲者は、モハメッド・フェデル医師と、医師に会いに来た患者だったが、攻撃によって足を切断しなければいけないという。
「われわれは緊急時に備えて、医薬品などを備蓄していましたがそれらが破壊されたかどうかわかりません」
アメリカ軍の報道官ヴィンセント・ブルックスは「私は赤新月社の報告を知らないので、何もいえません」と報道陣に答えたという。

赤新月社の母子保健病院に被害

以下赤新月社のサイトより抄訳
http://www.ifrc.org/docs/news/03/03040302/

爆弾は反対側のビルに着弾したが、強い爆風で近くのビルが被害を受けた模様。通行人が3名死亡。27名が負傷した。

病院の窓ガラスはわれ、屋根が壊された。幸いなことに数日前に避難していたために病院の死傷者はいなかった。母子保健病院は赤新月社のコンパウンドの中にあり、本部と外科病院も隣接している。数日前から人々は避難していたらしく、犠牲者はなかった。

母子保健病院は戦前は、一日平均35人の新生児が誕生していた。90人のスタッフがおり 4人の医師と6人の助産婦、8人の麻酔医、22人の看護師が含まれる。

この病院は、貧しい人達のために安い料金でサービスを行っていたのでバグダッド中から妊婦がやってきていた。私立病院で出産した場合の10分の1の料金。さらに貧しい人たちは、3分の1の料金となっている。UNICEFが昨年発表した値によると5歳以下の子どもの死亡率は13.1%で10年前の2.5倍になっている。さらにUNICEFは妊産婦の死亡率も上昇していることを指摘、十分な医療が受けられないことに起因する。1973年に建てられたこの病院は2階建てで、56の病床があり、イラク赤新月社では初めての病院となった。その後バグダッドには2つの外科病院が開院した。

イラク赤新月社が人道支援を断る

4月4日ヨルダンタイムスより抄訳

ヨルダンの赤新月社からの情報によると、支援物資を積んだトラック6台がイラクの国境で追い返されたという。

イラク赤新月社の総裁であるヒシャーム氏は「非常に申し訳ないが、あらゆる人道支援をわれわれは受けないことを決定しました。われわれが求めることはこの非人道的な国際法に反する戦争を早くやめるように皆さんが働いてくれるようお願いします」と言った内容のレターが届いたという。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net