アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

プロジェクトの動きから(2008年6月)

2008年7月 3日 更新

■生態系に配慮した農業による生計改善(CLEAN)

2007年からシェムリアップ県東部の35村で活動を行っている。幼苗1本植え(SRI)を紹介するビデオ上映会を各村で実施。ビデオを見てSRIに関心を持った農民を対象に研修を実施し17村で570名が参加した。また、栄養菜園研修を実施し、乾季にも関わらず、約100世帯の農民が自給用の野菜栽培を行っている。農民からは、「野菜を買う必要もなく、近所の人が野菜を買いに来るようになった」との声が聞かれた。

■持続的農業と農村開発(SARD)

安全な水や食糧確保をめざし、1994年からカンダール県50村で活動。小学校の先生が村の人を対象とした環境教育を実施。また、プノンペンでは開発と環境に関する連続講座を実施。「大学では学ぶことのできない視点から環境問題を考えることができた」という感想が聞かれた。

村の人に森と水の関係について説明するソンバット先生。「自分が生まれ育った村に豊かな森を再生したい」村の人に森と水の関係について説明するソンバット先生。「自分が生まれ育った村に豊かな森を再生したい」

■資料・情報センター(TRC)

持続的農業、農村開発、環境に関する資料を1994年から提供。地方に設置した分室であるコミュニティー資料センター(CRC)の活動状況のモニタリング調査を開始した。1ヵ月かけて7県にある全てのCRCを訪問する。

■技術学校

1985年に政府と合意し、プノンペンで職業訓練校と付設整備工場を開始。移転のための準備を進めている。プノンペン市の建設許可が下りるのを待って、移転を開始する予定。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net