アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

環境教育の近況 〜子どもたちが田植えに挑戦〜 その2

JVCカンボジア現地代表 米倉 雪子
2007年8月28日 更新

村の子ども達は、いつも家で田植えを手伝っていますが、7月下旬、新しいSRIのやり方で田植えを行ないました。田んぼの土を平らにする、良い苗を選ぶ、苗と苗の間を30cmほどあけてまっすぐに植える、などSRIの重要な手法を一つ一つ、子どもたちは体験しました。

環境教育の近況 〜子どもたちが田植えに挑戦〜 その1

JVCカンボジア現地代表 米倉 雪子
2007年8月28日 更新
生徒とカシューナッツの苗木を植えるチャンソクニアン先生(25才)生徒とカシューナッツの苗木を植えるチャンソクニアン先生(25才)

技術学校の奨学生の紹介!(その1)

JVCカンボジア現地代表 米倉 雪子
2007年8月16日 更新

JVCは次世代を担う人材育成をめざし、1985年からプノンペンの自動車整備技術学校を支援しています。現在JVCは、地方出身の学生や女子学生たち11人へ奨学金を提供しています。今回は技術学校の奨学生たちを紹介しましょう。2007年4月のクメール正月休みから5月にかけて奨学生11人のうち、9人をインタビューしました。

技術学校の奨学生の紹介!(その2)

JVCカンボジア現地代表 米倉 雪子
2007年8月16日 更新

6.メアッ・マカラ(Meas Makara)さん。タケオ県出身。24才。1年生。

「技術学校は車の修理をする技術を学べるので来ました。以前はタケオで農民をしてました。中学を卒業して3年、農業をしました。技術学校の2年生に友人がいて、すごく良いと聞いて、自分も学びたいと思いました。勉強は難しくないですし、学ぶのは楽しいです。将来はまだ何をするかわかりませんが、仕事がほしいです。」

スタッフ総出で田植え

JVCカンボジア現地代表 米倉 雪子
2007年8月 7日 更新

現在、JVCカンボジアでは、米の収穫量が増える「幼苗一本植え(SRI)」という農業技術を研修し、農家に勧めています。カンボジアの伝統的な稲作のやり方と異なるやり方を試すのは、農家の人たちから見ると、カンボジアの他の地域で成功していると聞いても、やはり不安ですし、半信半疑、というのが正直なところです。それでなくても大多数の農家が、毎年、自分の家族が食べる分の米すら十分に収穫できないので、SRIのために田んぼの一部でも使うのは、大きな冒険です。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net