アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2008/10/31版

2008年度アフガニスタン事業インターン 塩見 正裕
2008年10月31日 更新

全般・政治情勢

10/27-28にイスラマバードでアフガニスタン・パキスタン双方の政府高官や部族リーダー50名を集めて開催されたミニジルガは、タリバンとの対話を訴える声明を出して閉幕[1](今後も継続開催予定、次回は2-3カ月後にカーブルにて)。米国も条件付きながらこれに賛同の意を表明した[2]ものの、タリバンやヘクマティヤール派は米国のお膳立てによるものとしてミニジルガを否定[3]。アフガニスタン政府と武装勢力の間での具体的な対話の動きは表面化せず。

2008/10/24版

2008年度アフガニスタン事業インターン 塩見 正裕
2008年10月28日 更新

全般・政治情勢

タリバンとの政治的交渉に向けてサウジアラビアの仲介による対話への試みが開始[1]。アフガニスタン・パキスタン両国間もタリバンとの対話に向け協調へ[2]。

2008/10/17版

2008年度アフガニスタン事業インターン 塩見 正裕
2008年10月17日 更新

全般・政治情勢

政治的和解に向けた交渉の呼びかけに対し、タリバンおよびヘクマティヤール派も前向きな発言[1]。米国も対話路線を後押しする姿勢へ[2]。但し、交渉の前提としてアル・カーイダとタリバンの訣別や停戦・武装解除といった条件が整うかは不透明。

2008/10/11版

2008年度アフガニスタン事業インターン 塩見 正裕
2008年10月14日 更新

全般・政治情勢

英軍司令官の「アフガニスタンで決定的な軍事的勝利を得ることはないだろう。政治的交渉が行われることが望ましい」との発言[1]を皮切りに、同盟各国から同様の発言が相次ぐ[2]。米国も本発言への不快感は示しつつも、アル・カーイダではなくタリバンを相手とした政治的和解の可能性は否定せず[3]。

2008/10/3版

2008年度アフガニスタン事業インターン 塩見 正裕
2008年10月 3日 更新

全般・政治情勢

カルザイ大統領がサウジアラビアの仲介でタリバンと交渉していることが判明[1](タリバン側は否定[2])。これに対し、NATOやEUは慎重な反応[3]。

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net