アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

メディアで紹介される、気仙沼JVCの活動 ― 気仙沼で、ドイツで ―

震災支援担当 山崎 哲
2012年2月 7日 更新
2012年1月4日ドイツの新聞(気仙沼)2012年1月4日ドイツの新聞(気仙沼)

JVCは昨年3月から行ってきた「気仙沼市災害ボランティアセンター」に対する側面支援を7月末に終了し、JVC独自の復興支援を展開するべく8月に気仙沼事務所を開設した。以来、「人々に寄り添う」という基本方針のもと地域に密着した活動を継続してきた。我々の活動に対する評価は目に見える形で示すことはできず、また、我々自身もまだまだ満足のいく成果を残したという実感を得てはいない。しかしながら、我々の団体名や活動内容などが地元紙をはじめとしたメディアにたびたび登場するようになったことは、少なからずJVCが地域に浸透しつつあることを示しているのかもしれない。今号では各メディアの記事を通して、我々の活動の一端を伝えていく。

 

■ 市民とボランティア諸団体との架け橋に

「三陸新報」2011年11月29日「三陸新報」2011年11月29日

JVCは活動地域の人々との関わりの他に、地元の市民団体や市内で活動する他のボランティア諸団体とも親睦を深めてきた。ボランティア団体を知りたがっている市民。活動をより円滑に進めるべく市民との交流を求める支援団体。JVCはこの両者を結び付ける橋渡し役を務め「市民・ボランティア団体交流ソフトボール大会」の開催を実現した。

 

■ 健康体操で交流の輪を広げる

「三陸新報」2011年12月13日「三陸新報」2011年12月13日

JVCが筑波大ボランティアとの協働により仮設住宅で実施してきた健康体操「なかよしラジオたいそう(長谷川聖修教授が考案)」を、支援活動に携わる人々も活用できるようにと講習会を主催した。詳細はこちら

 

 

 

■ 気仙沼市役所からの招請

「広報けせんぬま」2012年1月1日号「広報けせんぬま」2012年1月1日号

JVCの活動は気仙沼市当局からも注目され、地元まちづくり団体等も交えた副市長との座談会への出席を要請された。座談の中でボランティア活動や市民活動を地域に根付かせるためのアドバイスなどを求められた。詳細はこちら

 

 

 

■ 寄せられる地元の期待

「三陸新報」2012年1月1日「三陸新報」2012年1月1日

地域に密着した「人々に寄り添う」活動における達成感を、我々は未だ実感できずにいるが、地元紙の記者の目には、JVCが地域に欠かせない存在であるものとして映っているようだ。

 

 

 

■ JVCの活動 ドイツでも

JVCは仮設住宅の住環境改善策の一環として冬対策を実施してきた。住民に対して十分な説明を行い住民と共に施工して行く様子などが、ドイツでも大きく取り上げられている。冬対策に関する詳細はこちら

2012年1月4日ドイツの新聞(気仙沼)2012年1月4日ドイツの新聞(気仙沼)

地域住民の笑顔が紙面からあふれ出す。それが気仙沼JVCの願いである。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net