アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

職業訓練を経て、うまれた変化とは?第2回(全3回)

スーダン現地駐在員 橋口 佑太
2022年4月18日 更新

職業訓練の全過程を終えて、訓練生や講師の方々がどのように感じているのか、前回の現地ブログでお送りしました。

今回も、引き続き溶接の訓練生2名にインタビューを実施!JVCの職業訓練を経て、一体どのような変化があったのでしょうか。

訓練生➄ ファタハ(18歳)

溶接の訓練生ファタハ溶接の訓練生ファタハ

"私は反政府地域のカチャ出身です。小学校2年生までは学校に通っていましたが、家計の問題でしばらくは西コルドファンのハラサーナという場所にある親戚の商店で世話になっていました。

その後カドグリに来て畑を耕していた中、紛争が勃発。兵士でもあった父は従軍後、大怪我を負って帰ってきました。父が家族の稼ぎ頭だったので、そこからは収入が途絶えてしまい途方に暮れました。

そんな時、コミュニティリーダーから職業訓練があると聞きました。昔から溶接には何処と無く惹かれていたので興味はあったのですが、どちらかと言うと他に生計を立てる手段が無いという安直な理由で顔を出しました。

大きな木の下でJVCが訓練生の登録を行っており、そこでイスマイルさん(JVCカドグリのチームリーダー)に出会って直ぐに入学させてもらえました。

そこからは何事も苦に感じていません。子供の頃に沢山の困窮と苦労をした分、学ぶことに意欲はありましたし、知識と技術が身につくというのはやはり単純に楽しくやり甲斐があります。

今は毎日が楽しくて仕方ありません。いつかは自分の工場を持ちたいと考えていますが、まずは12人いる家族をしっかりと養って行けるよう技術と稼ぎを上げたいです。"

訓練生⑥シャローン(19歳)

溶接の訓練生シャローン溶接の訓練生シャローン

"私は反政府地域のアンゴロの出身です。2019年までは学校に通っていましたが、その後2年間は仕事にありつけませんでした。時折、母の畑仕事を手伝ったり、あとはその辺でサッカーなどをして遊んでいました。

働きたいのに働けず、暇を弄ぶというのはとても辛いものです。

職業訓練に参加してからはとんとん拍子で進んで行きました。私の強みは仕事の正確さと速さです。簡単なベッドくらいであれば30分で溶接し終えることが出来ます。

仲間には水道公社に就職した者、行政の発注を受けて関連施設の建造をしている者もいますが、自分は暫くこういった家具を作り続けたいです。

毎日売れて収入になるというだけで無く、場数をこなす事そのものが練習になるという点がとても好きです。仕事のスピードもこうやって上げていきました。

カドグリには安定した家具の需要があります。若者の数が多いことから結婚に伴う新居、反政府地域ヌバ山地からの移住、時期的な買い換えなど、需要が絶えません。更にこの地域では木材で家具を作ると害虫被害に逢う恐れがあるので、金属製が好まれます。

私の父は3人の奥さんと結婚しており27人の大所帯なので、毎日の積み重ねで技術も上げながらもっともっと稼いでいきたいです。"

職業訓練を経て生まれた変化

職業訓練を終えた後も、知識や技術をさらに深めようとしている本当に力強い溶接の訓練生たち。今後もJVCの職業訓練での経験が活きてくれることを、心から願います。

ここまで溶接の訓練生や講師へのインタビューをお送りしてきました。
最終回となる第3回では、スーダンで欠かせない乗り物であるリキシャ・トゥクトゥクの修理技術を学んだ訓練生と、その講師の方々へのインタビューについてご紹介する予定です。ぜひご期待ください!

職業訓練を経て、うまれた変化とは?第1回(全3回)

スーダン現地駐在員 橋口 佑太
2022年4月 4日 更新

去る2月、2021年に始まったJVCの職業訓練支援のプロジェクトが終了しました。

講義と実地訓練の両方を経て、過程を修了したほぼ全ての生徒が街の工場などに就職することが出来ました。今後は関係機関、コミュニティリーダー、ユースリーダーなどにフォローアップをしてもらいながら、それぞれ大人として仕事をして行きます。

全過程を終えた訓練生たちがどのように感じているのか、彼らの感想を聞いてみましょう。今回は全3回ある中の第1話目、溶接の訓練生・講師です。

訓練生① ムルタダさん(23歳)

ムルタダさんムルタダさん

"数年前に反政府地域からカドグリへ引っ越してきました。カドグリに越してくる前は辛いことが多かったので、出来れば過去のことは話したくありません。

私は地域のユースリーダーの告知を通じてJVCの職業訓練プログラムについて知りました。以前はぶらぶらと定職にも就かず道端でサッカーなどをして遊んでばかりいたので、このプログラムに入ることに迷いはありませんでした。訓練中、理解できない理論などもありましたが、先生に沢山の質問をすることによって克服して行きました。

コースの終了後、ハサン・ジョマ先生の工場でアシスタントとして実地訓練までさせてもらうことができ、お陰様でカドグリの水道公社に正規職員として入社することが出来ました。これで生計を立てて生きていくことが出来るので、やっと自分の未来へのスタートラインに立てた気がします。"

訓練生➁ ハーリドさん(16歳)

ハーリドさんハーリドさん

"私は7人家族で、父の収入では学費を賄いきれなかったので、小学4年程度までしか学校には行っていません。JVCの職業訓練プログラムに入る直前は街中でぶらぶらと遊んでいましたが、それよりも前のことはハッキリとした記憶もありません。

ある日、街のティロ地区でJVCが訓練生の入学登録をしていました。私はその場に居合わせなかったですが、友人に凄いチャンスだと言われ、後日慌てて申し込みに行き、無事入れてもらうことが出来ました。

実際に溶接の職業訓練を受講してみて、自分の才能が開花したと感じています。知識を身に着けることは勿論、技術もどんどん上達していき、多くのものを作れるようになりました。工場で働いていて一番嬉しかったのは、人脈が広がったことです。仕事を通じて、いろんな地域の沢山の人々と巡り合うことができ、とても刺激を受けています。

そんなところにハサン・ジュマ先生から水道公社の正規職員として働かないかと推薦を頂きました。大きなステップに戸惑いもありましたが、有難く受けさせて頂くことにしました。まず収入の面で、今までは家に日額300-400SDGしか入れられてませんでしたが、大幅に増える見込みです。

しかし一番の決め手になったのは自分の好きな職業でより技術を伸ばせると感じたことです。小さな工場では作れるものも限られていますが、大規模な会社で仕事をすれば、より高度な技術を身に着けられるので、とても楽しみにしています。ここまでありがとうございます。"

訓練生➂ イブラヒムさん(22歳)

イブラヒムさんイブラヒムさん

"私はカドグリの南方ダバカヤという場所から来ました。幼少の頃は父が鉄道関連の仕事をしていたため、ポート・スーダンに住んでいたこともありましたが、そのあとは家族でヌバ山地に帰りました。ヌバ山地のような南コルドファンの奥地では就学・就業率が低く、私は小学3年までしか修了していません。ダバカヤでは仕事も無いので、2019年にカドグリにやってきました。

ある日広場でサッカーをしていたところ、コミュニティのリーダーが来て、職業訓練の話があることをみんなに紹介してくれました。皆、遊んでばかりはいられないし、収入を得るためには技術が必要だということはわかっていたので、迷わず飛び込みました。今はハサン・ジュマ先生の工場でアシスタントとして横に付かせてもらってます。

仕事を通じて、色々な喜びを知れました。自分の中に知識や技術が蓄積していく喜び、沢山の人と知り合える喜び、「人に教える」ということの喜び、などです。いつかは自分も家族がいるこのカドグリに工場を持ちたいと考えています。

人に教えるときはまず理論。その次に理論の復習も踏まえながら、実践。いきなり上手くいくわけは無いので、生徒の失敗は暖かく見守って実践の繰り返し。指導とはこういうものだとハサン・ジュマ先生から教わりました。今後も先生を支えて行きたいです。"

訓練生④ ジャバレーンさん(15歳)

ジャバレーンさんジャバレーンさん

"私は南コルドファン州トロジの出身で、今は家族とともにカドグリのタファリ地区に住んでいます。去年までは学校に行っていましたが、私の家は8人家族と家計が苦しいので、今まで一人で働いていた父を支えるため、学校を辞めて働くことにしました。今は日当500SDGのうち200SDGを交通費に、300SDGを家に入れています。

学校を辞めたあと仕事を探していたところ、親戚がJVCの職業訓練プログラムを紹介してくれ「このチャンスを逃すな」と言われました。今はハサン・ジュマ先生の工場で実地訓練中ですが、このプログラムに入ってから生活が良くなったと思います。

仕事にありつけない間はあてもなく一日中遊んでいるだけでしたが、
今は仕事を一生懸命こなし、帰宅後はシャワーを浴びてからリラックスするというワークライフバランスが出来ました。サッカーが好きなので、夜はサッカーを見ています。"

プログラムを支えてくださった方々

今回の職業訓練において、
協力してくれたザカート(喜捨)局のマダム・サフィアさんと、溶接の講師であるハサン・ジュマさんにもお話をうかがいました。マダム・サフィアさんは職業訓練場の提供、講師陣の選定・調整、訓練生の監督など幅広く活動を支えてくれました。

プログラムの協力者マダム・サフィアさんのコメント

マダム・サフィアさんマダム・サフィアさん

"JVCの職業訓練を通じて、生徒たちに様々な変化が見られました。礼儀が良くなったり、気を配れるようになったり、髪形など身なりも正すようになりました。

職業訓練の意義はただ生徒たちが手に職をつけて、生計が向上するというだけでなく、することが何もない若者に取り組むべきことができ、
「ぼーっと時間を過ごさない」という点にあります。

カドグリでも麻薬が流行し健康被害が出ることもありましたが、JVCの職業訓練のおかげで、それを経験せずに済んだ若者、そして更生できた若者がいます。更にJVCの支援で助かっているのは、プログラムの修了後に証書を発行してくれる点です。この証書と確かな技術があるからこそ、雇用する側も信頼が持てるのです。"

溶接の講師、ハサン・ジュマ先生への質問①

ハサン・ジュマ先生ハサン・ジュマ先生

なぜ、水道公社から求人の案内がきたときに、ムルタダ君とハーリド君を推薦しようと思ったのですか?

"沢山いる訓練生の中でも、彼らは忍耐力に優れていたからです。日によっては日当が少ないこともありましたが、この二人は文句も言わず黙々と訓練に励んでいました。努力の甲斐あり、(溶接の)技術的にはドア・窓・椅子・机など数多くのものを作れるようになったので、自信をもって推薦することが出来ました。"

ハサン・ジュマ先生への質問➁

数ある工場の中には、訓練生の退職率が高い場所もありますが、ハサン・ジュマ先生の工場はとても評判が良いです。ムルタダ君やハーリド君のように、次のステップへ進める訓練生も沢山出ています。何が違いだと思われますか?

"私は1980年、高校の入学試験で不合格となり進学することが出来ませんでした。そこから彼ら訓練生と同じように工場に入った訳ですが、こちらもなかなか上手くは行かず沢山の失敗を重ねました。

しかし、そのたびに親方に支えてもらい前に進むことが出来たので、自分も年を取ったら同じように次の世代を育てることが自身に課せられた使命だと考えるようになりました。ですので、ただ単に自分の工場で「働かせてやっている」と考える親方と私のような指導者を志す者では訓練生の満足度に違いが出るのだと思います。"

集合写真-先生、訓練生、JVCスタッフ集合写真-先生、訓練生、JVCスタッフ
団体案内
JVCの取り組み
5ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net