アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ウォーターヤードの引き渡し式

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2014年1月28日 更新
ウォーターヤードと式典会場のテントウォーターヤードと式典会場のテント

避難民向け住居の入口に、国連のロゴが入った四輪駆動車や州政府の車両が次々に到着しました。クルマを下りた人たちは、ウムダ(住民リーダー)や井戸管理委員会のメンバーと握手をしながら、ウォーターヤードの傍らに張られたテントの中に入っていきます。

11月17日、いよいよ引き渡し式の日がやってきました。

JVCスタッフのアドランは、小さな紙を見ながら何やらブツブツ言っています。
「なんだよ、それ」
同僚のタイーブが尋ねると、
「式典での挨拶の原稿なんだ」
「そうか、練習してんのか。おい、もうすぐ始まるぞ」

テントの中は50人近い参加者でびっしり埋まりました。入りきれずに立っている人もいます。住民のひとりが司会をして、式が始まりました。

挨拶で熱弁をふるうウムダのバクリさん(右端)挨拶で熱弁をふるうウムダのバクリさん(右端)

まず、住民である避難民を代表してウムダのバクリさんが関係者に感謝の意を表し、続いて井戸管理委員会のブシャラさんの挨拶。そしてアドランの番です。日本政府の支援で建設がされたこと、住民との話し合いを重ねてここまで来たことなどを話して、無事に挨拶を済ませました。

水公社の局長が挨拶に立ちました。
「州内の大半のウォーターヤードは水公社が運営しているが、このウォーターヤードは住民が自分たちの手で管理運営をしていくという。こんなに素晴らしいことはない」
と絶賛しています。

アドランに、隣に座っているタイーブが耳打ちしました。
「なんだよあの局長、オレたちが最初に話しに行った時には『住民が管理運営するなんて無理だ』って言ってたじゃないか」
アドランは、可笑しくなりました。
「まあ、いいじゃないか。気が変わったんだろ」

それにしても、避難民向け住居の生みの親である州政府や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)はじめ、挨拶に立ったほとんどの人たちが「住民による運営は素晴らしい」「井戸管理委員会は十分な研修を受けたので、きっとうまくいくだろう」と述べていました。

リップサービスもありますが、住民による運営の大切さを認識してくれているのはありがたいことです。しかし、実際の運営が始まるのはこれから。今はやっとスタート地点に立ったところです。

「引き渡し合意書」に住民代表とJVCが署名をして、正式にウォーターヤードは住民に引き継がれました。ピンクのテープがカットされて、拍手とともに人々が施設の中に入っていきます。共同水栓の蛇口をひねると、勢いよく水が流れ出しました。

テープカットは、人道支援局の副所長テープカットは、人道支援局の副所長
蛇口の水を手に取って確かめる式典参加者蛇口の水を手に取って確かめる式典参加者
給水塔に取り付けられた表示板給水塔に取り付けられた表示板

フェンスの外側の家畜給水所には、この時を待っていたかのようにウシの群れが押し寄せてきました。いっぱいに水が張られた給水桶に首を突っ込んで水をガブガブ飲んでいます。ヤギやヒツジの姿も見えます。

サクラ役のヤギサクラ役のヤギ

「オープン当日からウシの群れが来るとは思っていなかったな」
アドランが感心して言うと、タイーブは、
「それはちょっと違うみたいだ。さっき耳にしたんだけど、式を盛り上げるために、『タダで水を飲ませてやるから家畜を連れて来てくれ』って、井戸管理委員会が牧畜民に頼んだらしいぜ」
と裏事情を披露。

サクラ、なんていうコトバがスーダンにあるかどうか分かりませんが、家畜のサクラというわけです。

式典は終わり、こんがりと焼けたヒツジの肉が運ばれてきました。朝のうちに1頭のヒツジがウォーターヤードのために犠牲になり、その血が捧げられたようです。

アドランとタイーブが肉をほおばっていると、ウムダや井戸管理委員会をはじめ、避難民向け住居の人々、住民運営に反対していたはずの水公社の局長、ほかにも多くの人たちが握手を求めに来ました。みんなのうれしそうな笑顔に、二人も苦労が吹き飛ぶ思いです。

腕を突き上げて歌うハカマ(右の女性たち)と式典参加者腕を突き上げて歌うハカマ(右の女性たち)と式典参加者

歌と踊りが始まりました。「ハカマ」と呼ばれる、女性の歌い手たちです。国連職員も、州政府の人たちも、みんな輪に入ってきました。

「ハカマ」は、歌と踊りで村人たちを鼓舞しながら、村の歴史や内戦中の出来事を歌い継いできました。今また紛争の中で、決して望んだわけではない新生活が、この避難民向け住居で始まりました。ここでの苦労や喜び、そしてひょっとしたらウォーターヤードも、歌い継がれていくのかも知れません。

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

【避難民向け住居への給水活動】シリーズは、ひとまずこれで終了します。その後のウォーターヤードの運営については、また掲載致します。

【おことわり】
現在、JVC現地代表の今井をはじめNGO外国人スタッフが南コルドファン州に入ることは、スーダン政府により制限されています。このため、2012年1月以降の「現地便り」はカドグリの状況や活動の様子を、JVCスーダン人スタッフの報告に基づき今井(首都ハルツームに駐在)が執筆したものです。

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net