アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

晴れて卒業の日

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2008年12月26日 更新

JVC整備工場で研修を受けてきた元難民の若者14名。1年半から2年にわたる研修がついに終了し、12月20日土曜日、晴れて卒業式を迎えました。

スピーチに耳を傾ける卒業生たち(第1、2列)スピーチに耳を傾ける卒業生たち(第1、2列)

会場は、工場の溶接部門の片づけて作った一角。研修生の家族など20人ほどの招待客が着席し、いよいよ式が始まるという時間になっても主役の研修生たちがなかなか登場しません。「何をやっているんだ」と呼びに行くと、シャワーを浴びて着替えたり髪をとかしたり・・・一生懸命にドレスアップをしています。彼ら、彼女らにとっては大事な「ハレの日」。スーツにネクタイでバッチリと(?)キメている研修生までいます。まあ、時間がかかるのも仕方がないか・・ということで、40分ほど遅れて卒業式が開会。
工場長、そして私からの挨拶に続いて、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)南部スーダン事務所代表の吉田典古さんから、卒業生に次のような励ましの言葉をいただきました。「復興支援でいくら学校や病院や様々な施設を作っても、それを運営するスタッフのスキルがなくては機能しない。資金さえあれば施設はすぐにでも作れるが、人材を育成するには10年単位の年月がかかる。だから、この車両整備の職業訓練は皆さんにとって、そして南部スーダンの復興にとって非常に意味のあること。今日卒業証書をもらっても、これが終わりではない。就職が決まっている卒業生も、まだ決まっていない卒業生も、今後、より一層技術に磨きをかけていって欲しい」

UNHCR南部スーダン吉田代表(右)から卒業証書を受け取る卒業生ポニーUNHCR南部スーダン吉田代表(右)から卒業証書を受け取る卒業生ポニー

研修が始まった時にはほとんどが「ズブの素人」だった研修生も、今ではアシスタントメカニックとして工場の貴重な戦力になるところまで成長しました。14人中6人は整備士としてJVC工場のスタッフに登用されることが決まっており、1人は既に南部スーダン政府に整備士として採用されています。残る7人は就職活動中です。

スピーチするジョセフィンスピーチするジョセフィン

続いて、卒業生を代表してジョセフィンがスピーチ。「研修で学んだことを、南部スーダンの復興のために活かしていきたい。そして、この研修コースが、今後さらに規模を拡大して続くことを希望します」

スピーチの後は、いよいよ卒業証書の授与。研修開始時より彼らを育て上げてきたJVC車両専門家の井谷が一人一人の名前を呼びあげ、卒業証書が手渡されました。いつもは生意気で文句ばかり言っている研修生たちですが、この瞬間はみな満足げな表情です。そして、最後は全員で牛肉の料理を楽しみました。「卒業パーティでは羊の肉が食べたいんだ」と研修生は最後までゴネていましたが(笑)、予算の都合で羊はキャンセル。でも、みな笑顔で卒業式は終わったのでした。

やっぱりこれが楽しみ!やっぱりこれが楽しみ!

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net