アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

研修生の旅費かせぎ

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2007年12月23日 更新
洗車機でプシュー洗車機でプシュー

「ジュバNo.1プライス!クリスマス前、15ポンド(約800円)であなたのクルマをきれいに!」こんな宣伝文句で、JVC整備工場では洗車サービスをしています。ホコリだらけのジュバでドロドロになったクルマを、ナイル川から汲み上げた水できれいさっぱり、洗います。

このサービス、実は研修生たち(元難民)による期間限定の収入創出プロジェクトなのです。今週末から始まるクリスマス休暇、彼らの多くはジュバを離れて故郷の村へ帰ります。中には、難民キャンプに残る父親、母親を尋ねて隣国ウガンダに向かう研修生もいます。「毎月の研修生手当では旅費が出ない」という彼らは「クリスマス手当」を要請してきましたが、私たちは却下しました。その理由は、当然ながらJVCの資金には限度があること、そして「おカネやモノは、誰かに支援してもらうもの」という彼らの発想そのものを変えなければならないと思ったからです。

エンジンルームの中もきれいにエンジンルームの中もきれいに

代わりに私たちが提案したのは、工場の機材を使った収入創出プロジェクト。研修生たちは不満そうな顔をしていましたが、「とにかくチャレンジしてみる」というので、倉庫に眠っていた洗車機を引っ張り出して、サービスが始まりました。クリスマスまでの期間に限定して、洗車の収益は研修生たちの「クリスマス手当」になります。

手作業で心をこめて手作業で心をこめて

いざ始めてみると、研修生たちの「商売下手」にビックリ。料金の設定や宣伝方法など、すべて彼らに任せたのですが、料金は他の業者と同じ。これではお客は来ません。何日かして、彼らは料金を大幅に下げましたが、こんどは料金を載せずに宣伝ポスターを作ろうとしていました。さすがに私も口出しをして、「せっかく値下げしたのに、どうして値段を宣伝しないのか?」「別に必要ないと思った」「おいおい・・」という感じで、なんとか「ジュバNo.1」の値段が入ったチラシが出来上がったのは12月も第2週。時すでに遅しか・・・。今週になって立て続けにお客さんが来るようになりましたが、クリスマスはもう目の前。さあ、結果はどうなる?


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
5ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net