[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[9ヵ国での活動へ]
[パレスチナでの活動へ]
[壁により分断された地域ので学校健診・保健教育]
[子どもの栄養改善支援]
[収入創出支援]
[平和創造・平和構築]
[アドボカシー]
[カンボジアでの活動へ] [ラオスでの活動へ]
[タイでの活動へ] [南アフリカでの活動へ]
[アフガニスタンでの活動へ] [イラクでの活動へ]
[北朝鮮での活動へ] [スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[JVCに募金へ]
[JVCに入会へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[メディア掲載へ]
[JVCマンスリー募金へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
twitterやってます。
[JVCブックレット刊行へ]
[JVC国際協力ポストカード発売中]
[JVC国際協力コンサート]
[JVCメルマが登録へ]
[JVC会員専用ページへ]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC WEB担当者ブログへ]
[JANICアカウンタビリティセルフチェック2008を実施しています]
子どもの栄養改善支援 
2005年9月15日 更新
[現地スタッフ]

パレスチナ事業担当: 藤屋リカ
■栄養改善支援 ガザの幼稚園にて

移動が制限され、農地などの生産基盤の破壊が進むパレスチナで、自治区の貧困率は75%にも及ぶといわれます 。それに伴い、栄養失調、貧血が蔓延し、特に子どもたちの身体、知的両面の成長が脅かされています。

JVCでは2003年2月から、栄養失調率の特に高いガザ地区で、幼稚園児に一日1パックの牛乳と栄養強化ビスケットを配給する事業を開始しました。現在、ガザ北部・中部・南部の6つの幼稚園、約600人の園児を対象に配給を行っています。この事業はアメリカ・イギリス・パレスチナのNGOと共同で実施しています。ナブルスの牛乳工場から牛乳パックを購入し、通常ならば制限されるガザ地区までの輸送を国際NGOが担うことで、自治区の地域産業の維持にも役立っています。さらに2003年9月からは、牛乳に加えて栄養ビスケットも配給し、園児の母親、先生たちにも栄養教育を行うことで、緊急支援ではありながらも持続的な栄養改善を目指しています。

>> パレスチナでの栄養支援活動にご協力を。

事業報告

2004年9月〜2005年8月




 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ