アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2012年10月 3日 【 その他・未分類

『壊された5つのカメラ』日本でも公開中です

パレスチナ現地代表 今野 泰三
2012年10月 5日 更新

パレスチナでの非暴力の抵抗運動を描いたドキュメンタリー映画『壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び』が東京青山のシアター・イメージフォーラムにて公開中です。素晴らしい映画です。是非ご覧ください。

映画の概要

「公式ウェブサイト」から転載)
パレスチナの民衆抵抗運動の地、ビリン村に住むイマード・ブルナートは、四男の誕生を機にカメラを手に入れ、はからずも村の記録者となる。そんな中、ビリン村ではイスラエル軍により「分離壁」が築かれ、村の耕作地の多くが奪われる。怒った村人たちは毎週末、非暴力のデモを続け、イマードはそれを記録する。銃撃などで壊れるたびに彼は新たなカメラを手に入れ、のべ5台のカメラが、息子の成長と友人たちの日々の闘いを克明に切り撮っていく。

ビリン村でのデモの様子。左の男性は映画にも登場する故フィールさん、 右はイスラエル人活動家(2008年9月撮影)ビリン村でのデモの様子。左の男性は映画にも登場する故フィールさん、 右はイスラエル人活動家(2008年9月撮影)
ビリン村の土地(手前)へと拡大するイスラエル入植地(奥)と、デモ隊を待ち構えるイスラエル兵士(中央)(2008年6月撮影)ビリン村の土地(手前)へと拡大するイスラエル入植地(奥)と、デモ隊を待ち構えるイスラエル兵士(中央)(2008年6月撮影)
JVCのパートナー団体、パレスチナ医療救援協会も怪我人を搬出するためデモに同行する(2008年6月撮影)JVCのパートナー団体、パレスチナ医療救援協会も怪我人を搬出するためデモに同行する(2008年6月撮影)
ビリン村の土地を奪う入植地と分離壁の撤収を訴えるデモ隊(2008年9月 撮影)ビリン村の土地を奪う入植地と分離壁の撤収を訴えるデモ隊(2008年9月 撮影)

関連情報

・『壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び』公式ウェブサイト
予告編(YouTube)
・映画評1(読売新聞、「パレスチナの現実を鮮明に...映画「壊された5つのカメラ」2012年9月24日付)

・映画評2(フリージャーナリスト土井敏邦氏のブログ、「日々の雑感 266:映画『壊された5台のカメラ』の衝撃」2012年6月5日付)

・上映館シアター・イメージフォーラムのウェブサイト
・上映館シアター・イメージフォーラムへの行き方

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net