アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ガザから日本へ

パレスチナ現地代表 福田 直美
2011年6月 9日 更新
ボーイスカウトが国旗を持って入場行進ボーイスカウトが国旗を持って入場行進

5月上旬、ガザ市にあるUNRWA(国連パレスチナ難民救済機構)の学校で、東日本大震災の被災地の子どもたちに向けたイベントが行われました。「日本の子どもたちのために、何かしたいと生徒たちが言っている。ガザで何かできることはないか」とUNRWAの学校に勤める知人から相談を受けたのは4月、私が日本での一時帰国を終えてこちらに戻ってきた時でした。「ガザの子どもたちは、状況が違えども同じ年代の子どもたちが悲しみと困難に耐えていることに、連帯感を示したいと思っている。いつも日本の人たちに助けられているから、精神的なサポートを送ってあげたい」と、温かい言葉をいただきました。震災が起こって以来、パレスチナでも様々な人たちから心配と励ましの声をいただきましたが、子どもたちが自主的に何かしたいと言ってくれることがとても嬉しく、何度もお礼を伝えました。

 

伝統ダンス、デプカを披露伝統ダンス、デプカを披露

その後、「イベントを行うので出席してくれないか」と招待をいただいたのですが、残念ながら私は仕事の都合上その日ガザに行くことはできず、後日学校を訪問してあらためてイベントの報告を受けるとともに、子どもたちが描いた絵などをいただいてきました。代表で集まった子どもたちからは、「親を亡くした子どもたちは大丈夫なのか」「住むところはどうしているんだ」「学校に行くことはできているのか」などたくさん質問がありました。それは、ガザに軍事侵攻があった時に、日本の支援者の方々からいただいた言葉と同じでした。そして、「僕たちはあなたたちのことを思っていると、日本の子どもたちに伝えてほしい」という連帯感を示す言葉も、同じでした。

日本とパレスチナのサッカー親善試合?も行われました。日本とパレスチナのサッカー親善試合?も行われました。

このUNRWAの学校に通うのは、難民の子どもたちです。学校の先生曰く、皆、狭く生活環境の悪い難民キャンプに住んでおり、生活状況は苦しいそうです。長く続く封鎖の中、移動の自由を奪われ、ほとんどの生徒はガザから一歩も出たことがないそうです。それでも、子どもたちはそんな自分たちの困難について語るのではなく、「もうすぐ夏休みだから、そしたらたくさん遊べる!」と楽しそうに教えてくれました。休み時間となり校庭にサッカーをしに駆けていった子どもたちの表情はとても生き生きとしていて逞しく、そして描いた絵はとても温かく感じられました。

生徒が描いた絵をポスターに。ちょっと綴り(JapanがJabanになっている)が違うのはご愛嬌生徒が描いた絵をポスターに。ちょっと綴り(JapanがJabanになっている)が違うのはご愛嬌

子どもたちの描いた絵とイベントのビデオは、後日、日本に送られました。被災地の子どもたちに、ガザの子どもたちの思いが届きますように。

子どもが描いた絵から1子どもが描いた絵から1

子どもが描いた絵から2子どもが描いた絵から2

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net