アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

「パレスチナ産」を買おう!

パレスチナ現地代表 福田 直美
2009年11月 7日 更新
この逆三角マークが目印この逆三角マークが目印

西岸のお店で最近よく見かけるマークがあります。道路標識のようでつい注目してしまうこのマーク は、“Intajuna”−アラビア語で“私たちの製品”という意味です。つまり、パレスチナ産のものであることを示しています。

「パレスチナ産の日用品、食料品などを、人々がマーケットでより簡単に見つけられ、購入できるようにしよう」として始まったプロジェクト。日用品や加工食料品はローカルの工場、野菜や果物は農民組合から、できるだけダイレクトに消費者につなぐ試みです。「安全なもの、地元産のものを買いたい」という消費者と生産者をつなぎながら、そうでない消費者にも地元産の商品の良さを知ってもらおう、そして地元の経済に貢献しよう――というわけです。

“Intajuna”参加企業は、オリーブオイル、コーンオイル、缶詰のピクルスなど、お菓子、モルタデッラ(ソーセージ)、牛乳・乳製品、洗剤、食器洗剤、トイレットペーパー・ティッシュ、オムツなど多岐にわたります。そして11月末からは生鮮野菜・果物も加わります。私も西岸の町に行くたびに、この“Intajuna”が置いてあるお店で、色々なものを買い込むのが楽しみの一つです。

この日は、トゥルカレムという西岸の北部の街で行われた、“Intajuna”ワークショップに参加しました。地元の女性たち100人以上が集まったワークショップには、“Intajuna”に参加する、お菓子、モルタデッラ、牛乳、小麦粉、洗剤、オムツなど6つの製造会社が出席しました。

ワークショップ。商品を前に企業担当者が並ぶ。100人以上の女性を前に、担当者も緊張?ワークショップ。商品を前に企業担当者が並ぶ。100人以上の女性を前に、担当者も緊張?

女性たちの前で、それぞれの商品の特長などをアピールし、また女性たちからの商品についての質問に答えていきます。オムツを製造している会社の担当者が、「伸縮性があって、赤ちゃんが動いても安心。張ったり剥がしたりを繰り返すこともできます」などとオムツを手に説明する姿は、なんとなく面白く、会場が和やかに。また、ティッシュの会社の男性はなかなかハンサムで、女性たちは少しザワザワ(?)。「私、このティッシュ好きなのよ。とっても柔らかいわ!」と拍手喝采です。

自社の洗剤を説明した男性に対しては、女性たちは安全性や品質についての質問をしていました。たくさん質問や感想の声が上がり、皆とても楽しんでいたようです。ワークショップの後、色々な商品サンプルの入った袋をお土産にもらった女性たちは、「やっぱり地元のものを買わなきゃね!もっと多くのお店が、こういった商品を置くようになればいいのよ。友達にも勧めるわ」とゴキゲンでした。食べ物だけでなく日用品などについても、生産者に直接質問ができる、意見が言えるのは消費者にとって貴重な機会です。

お土産のサンプル品。赤いIntajunaバッグはエコバッグにもなる?お土産のサンプル品。赤いIntajunaバッグはエコバッグにもなる?

実はトゥルカレムでは今年3月から、地元の商工会議所が中心となって「イスラエル製品のない町にする」キャンペーンが始まりました。イスラエルにとって、パレスチナはイスラエルに次ぐ第二の市場。パレスチナに輸入されるイスラエル産商品は、年間約2300億円にもなるそうです。

ワークショップに参加したトゥルカレム町役場の人は、「その中には、私たちの土地の上に違法に作られた入植地で製造された商品だってあります。パレスチナの経済は封鎖などでダメージを受けている一方で、私たちは占領者の経済に貢献させられているのです。それに、考えてみてください。このお金が地元の企業に落ちれば、パレスチナの経済は大きく変わるでしょう。人々の仕事の機会だって増えるかもしれません。経済的にイスラエルから自立、独立することは、私たちにとっての抵抗でもあるのです」と言いました。

ガザのお店でも発見!ガザのお店でも発見!

実は先日、ガザ市内の店でも“Intajuna”商品を見つけました。ジュースの工場で、ジュースの他にもケチャップやジャムなどを作っています。ガザ産のケチャップは本当のトマトの味がしてジューシーでおいしいのです。しかし現在まで2年半近く続く封鎖によって、ガザから物を輸出することは不可能です。プロジェクト担当者は、「西岸にガザ産のものが入ってくるようになればなあ。西岸のパレスチナ人はみんな、ガザ産の物を応援して買うよ!」と言います。それはきっと、どんな支援よりもパレスチナに貢献し、人々にとって大きな励ましとなるでしょう。頑張れ、パレスチナの経済!

気をつけて見てみれば、“Intajuna”マークがなくても意外とパレスチナ産ってあるものです。まずはできることから ― 日々の買い物の中で私も小さな貢献をしていきたいと思います。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
5ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net