アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

女性グループの研修旅行[2]―エリコでの授賞式

2009年4月16日 更新

やっとたどり着いた、エリコの公園。
子どもたちはめったに行く機会のないプールで大はしゃぎ。女性たちも服を着たまま水の中で遊びます。

ラマッラーの大雨がうそのようラマッラーの大雨がうそのよう
プールでは女性も服を着たまま遊びに加わるプールでは女性も服を着たまま遊びに加わる

一方、芝生でバレーボールなどをする女性たちも。体格のよい女性たちが「ホォッ!」と声を上げながら豪快に「跳ぶ」姿は、なかなか見られるものではありません。いい運動にもなったかしら。

「跳ぶ」おばちゃんたちが見られたバレーボール「跳ぶ」おばちゃんたちが見られたバレーボール
豪華なランチは「昨日の夜から準備したの」豪華なランチは「昨日の夜から準備したの」

おいしいランチも食べた後は、皆で輪になって歌って踊りました。

「あなたの息子さんが、早く刑務所から帰ってきますように」

「あなたのお母さんがヨルダンから、いつかパレスチナに戻ってくることができますように」

と歌うと、涙を流す女性も。
メンバーの中には、旦那さんや息子さんたちが刑務所に入っている女性たちも少なくありません。それも1人でなく、また長い人では10年以上刑務所にいる人もいるのです。皆で共に願いながら、歌い、踊り続けました。

女性グループの活動は彼女たちにとって、悲しみや辛さを共有する場にもなっているのかもしれません。

ノリノりで踊る女性たちノリノりで踊る女性たち

また、この日は、刺繍の技術が高いメンバーたちへの「表彰」が行われました。昨年秋から全ての商品に、誰が刺繍をしたかわかるように印を付けはじめ(印は品質チェックの後、外しています)、高い技術にはポイントを付けていくようにしたのです。
今日は、このポイントや、また普段からきちんと計画通りに仕事を仕上げてくるか、チームワークをもって仕事ができるか、なども含めて受賞者を決めました。

印をつけることによって、女性たちが自分の仕事に責任をもって取り組むようになりました。ここ半年で、私がダメ出しをする出来の商品が激減したのです。
まずは女性たちに、

「いつもお仕事をありがとう。これからもしっかり、怠けることなく喧嘩することなく(強調)、楽しくやっていきましょう」

とお礼。そして、最もポイントが多かったメンバー2名、それからここ半年で技術が上がったと評価された3名が発表され、小さなプレゼントがJVCから渡されました。

授賞式では皆が喜び、称えあった授賞式では皆が喜び、称えあった

最も技術が高いメンバーとして表彰されたインシラフさんは、名前が呼ばれた途端、叫び声(!)をあげて驚き、喜びました。
インシラフさんは、誰もが認める高い技術の上に、
「クッションカバーなどの大きくて刺繍の量が多い商品は、彼女のほかに誰もやりたがらないの。みんな面倒くさがりなのよ!でも彼女は仕事を選ばないし、大きい商品でも丁寧に、期限内に仕上げるわ」

という中心メンバーの推薦もあり、受賞が決まりました。

また、技術が上がった、「頑張ったで賞」を受賞したスハさんの4歳になる子どもは、「僕のお母さんが表彰された!」と、お母さんよりも嬉しそうです。

表彰されたメンバーは一人ひとり輪の中心になって踊り、喜びを表現しました。

さきほどは歌を聴いて泣いていたサルワさんも、「頑張ったで賞」を受賞。
「とてもハッピーよ」と笑顔のハグは、とても温かかったです。

この後、なんともう一箇所公園を「はしご」。

夜8時を過ぎても「帰りたくない」という女性たちを、園内アナウンスまでかけて招集し、帰途につきました。

ベイト・ジブリン難民キャンプに戻ったのはすでに夜9時半を過ぎていましたが、女性たちは元気に「ありがとう!また、センターでね!」と、すでに眠ってしまっている子どもたちを抱えながらそれぞれの家へと戻っていきました。

長い一日。女性たちのたくさんの笑顔が見られて、疲れているけれどもとっても温かい気持ちで、私も家に戻りました。

食べてすぐ横になると、○○になりますよ食べてすぐ横になると、○○になりますよ

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net