アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ガザ緊急支援:キファちゃん家庭訪問

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2007年8月12日 更新

キファちゃんは生後5ヶ月。JVCが緊急支援を再開した現地NGOアルデルインサンのハンユニスセンターに通う栄養失調児です。7月に重度の栄養失調と診断され、センターに通い治療用栄養食を食べています。今回、このキファちゃんのお家を訪問しました。

キファちゃんとお母さんとお姉さんキファちゃんとお母さんとお姉さん

キファちゃんのお家はハンユニスの難民キャンプの中にあります。家は平屋で、屋根はトタンを乗せただけです。鉄のドアを開けると、女性たちが水を床に流してあらっているところでした。パレスチナでは難民キャンプに関わらず、多くの家の床はタイル敷きになっていて、掃除のときは、水を流してブラシでゴシゴシと洗い、大きなヘラのようなもので、水をきれいに掃きだします。細かい砂が舞うこの地域では、掃除機(があったとしても)では、きれいに砂埃が取れず、水洗いが最も効果的です。洗ったあとの床は、ひんやりすべすべして、裸足の足にとても気持ちが良いのです。

キッチンの隅でNGOスタッフと会談キッチンの隅でNGOスタッフと会談

最初に掃除が終わったキッチンの床にマットレスを敷いてキファちゃんとお母さんとお姉さんのシャヘドちゃんが座り、私たちはプラスチックの椅子を借りて座りました。キファちゃんの家族は両親とお姉さんの4人です。この家には、お父さんの両親とお父さんの弟家族も一緒に住んでいます。キファちゃんのお父さんは、ガザの多くのお父さんと同じで失業中です。家族は国連難民救済事業機関(UNRWA)から支給される食料支援に頼って生活しています。

小さいキファちゃんは、お母さんの膝の上で大人しくうとうとしています。5ヶ月のキファちゃんの体重は7月3日の3.3キロから8月8日には3.7キロと1ヶ月で400グラム増えてはいるものの、消化器系に問題があることもあり、思うように体重が増えていません。お母さんはとても心配そうです。なかなか体重が増えないこともですが、今は栄養センターで治療栄養食を食べているので、多少なりとも状態は改善してはいるものの、日常の食生活を改善させなければキファちゃんの将来の健康は望めないからです。でも、今のガザの状態でお父さんが失業している中で、どうすればよいの、という疑問がまとわり尽きます。

3家族共有のリビングルームに置いてある家具はプラスチック製の椅子だけです。リビングルームの奥がキッチンになっています。キッチンと言っても、冷蔵庫は見当たりません。リビングルームを囲うように寝室が3つあって、それぞれの家族が一つづつ使っています。キファちゃん家族の寝室を覗きましたが、マットが数枚と毛布があるだけのようです。この家族の生活に余裕がないことは家の中を見るだけで明らかです。

貧困の中、粗末な家で最低限の所持品で生活し、屋根はトタンで冬は寒そうですが、ここの女性達はそれでも家の中はきれいに掃除し、清潔に生活をしようと心がけているように見受けられました。それは、どんなに大変な状態でも、前向きに生きて行こうとしている彼女たちの意思の強さの表れのようにも感じられました。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net