アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ガザ:人間の大地ガザセンター

2007年7月15日 更新

ガザに入って2日目。Ard El Insan(人間の大地)のガザセンターを見学に行きました。このセンターでは、栄養失調の子どもたちに対しての栄養食の提供、そしてお母さんたちには栄養食の調理方法を教えています。また、子どもが6ヶ月未満の場合は、お母さんたちに対する授乳指導を行っています。まず、栄養失調の疑いがある子どもを、お母さんがセンターに連れてきます。最初に行われるのは、子どもの身長、体重、ヘモグロビン値の計測、そしてお母さんへの問診です。そして計測した値と標準値を元に、栄養失調のレベルを出していきます。

お母さんに抱かれるリームちゃんお母さんに抱かれるリームちゃん

現在生後8ヶ月弱のリームちゃんは、生まれた時点で体重は1.6キログラムと、とても小さな赤ちゃんでした。初めてセンターに来たのは7月5日。体重は3.5キログラムでした。健康ならば8キログラムあってもおかしくない年齢です。生まれてから月に約0.5キログラムずつ体重が増えたのですが、3.5キログラムになった時点で、成長が止まってしまったとのこと。このセンターでは栄養失調のレベルを3つに分けているのですが、リームちゃんは最も重度であるレベル3と診断されました。しかし、センターに来はじめてから約一週間後のこの日の検診では、体重は4キログラムにまで増えていました。それでもまだ身長も体重も標準値には届きませんが、お母さんも少し安心している様子でした。

お母さんたちの調理実習お母さんたちの調理実習

センターを訪れる子どもたちの中には、小さくて、手足は細く、目も虚ろな赤ちゃんも少なくなくありません。体を撫でたり笑いかければそれに反応して笑うであろう年齢の赤ちゃんであっても、何をしても無表情のままの子もいます。厳しい表情や、沈んだ表情をしているお母さんもいました。普段は、西岸の難民キャンプで力強く収入創出事業を頑張っているお母さんたちと仕事している私にとっては、赤ちゃんの様子もさることながら、お母さんたちのその表情が何より辛く感じました。お母さんたちの調理指導も見ましたが、すでに回復を見せている子どものお母さんの表情は明るく、「子どもが笑うようになったの」と嬉しそうでした。

このセンターに来る大抵の子どもたちは、センターに通い続けて栄養食を摂ることで徐々に標準の状態へと改善し、約3ヶ月で「退院」していきます。一日でも早く、子どもたちが「退院」できるよう、そして何よりも、このセンターに来なければならない状態になってしまう子どもたちがこれ以上増えることがないよう、願わずにはいられません。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net