アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
未来を決める力をすべての人に! JVC futurePJ2021

パレスチナ評議会選挙

パレスチナ現地調整員 藤屋 リカ
2006年1月26日 更新

1月25日はパレスチナ評議会選挙でした。1996年以来10年ぶりの評議会選挙で、パレスチナではここ1ヶ月、どこへ行っても選挙の話で持ちきりでした。

西岸地区の都市ラマッラの中心街。街中に選挙ポスターが貼られ、選挙一色のムード。西岸地区の都市ラマッラの中心街。街中に選挙ポスターが貼られ、選挙一色のムード。

評議会は132議席で、その内の66席が比例代表制で、得票数に応じて政党に議席が割り当てられます。11の政党が登録、各政党は7人以上66人以内の候補者名簿を選挙管理委員会に提出しています。上位に女性候補者を入れなければならない規定もあります。

ベツレヘム・ベイトジブリン難民キャンプの投票会場の近くにもたくさんの選挙ポスターが貼られていた。ベツレヘム・ベイトジブリン難民キャンプの投票会場の近くにもたくさんの選挙ポスターが貼られていた。
ベツレヘム市の選挙会場の一つベツレヘム市の選挙会場の一つ

もう半分の66議席は、人口に応じて各地区に割り当てられています。少数派のキリスト教徒には6議席が確保されています。例えばベツレヘム地区の場合、4議席が地区割り当て分で、2議席がキリスト教徒と決まっています。4議席に対して38人が立候補していました。各地区の候補者は政党から公認と無所属からなります。

投票は、18歳以上で選挙登録をした人が可能で約140万人が登録しています。政党を一つ、各地区の候補者は、その地区の議席分(例えばベツレヘム地区なら4人)まで選ぶことができます。

投票を済ませた人は、数日間は消えないインクを指に塗り選挙者名簿に捺印、複数回の投票を防止。投票を済ませた人は、数日間は消えないインクを指に塗り選挙者名簿に捺印、複数回の投票を防止。

前回の選挙では多くの政党は選挙への参加を拒否しましたが、今回の選挙ではこれまでの最大勢力のファタハに対し、イスラム抵抗運動としてのハマス、またその他の市民運動としての政党も参加しています。ハマスの台頭が注目されていますが、同時にファタハもハマスも過半数の議席を確保できないとの予想なので、市民派の新しい動きがキャスティング・ボートとなることの見方もあります。

買い物の途中に、選挙キャンペーン中の候補者に遭遇。市民派の新政党、Independent Palestine Party代表のムスタファ・バルグーティ氏。
25日は、木枯らしの吹く寒い一日で、時々小雨もぱらつきましたが、選挙で活気に満ちていました。

ベイトジブリン難民キャンプの投票所も多くの人々が集まった。ベイトジブリン難民キャンプの投票所も多くの人々が集まった。
投票会場の様子(撮影は選挙管理委員会に登録している人に依頼)投票会場の様子(撮影は選挙管理委員会に登録している人に依頼)

18歳の女性は、「選挙は私たちの権利です」と嬉しそうに語り、初めての投票をしてきました。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
5ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net