アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ベツレヘムで「No More War!平和祭」スタート!

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2003年8月 7日 更新

「No More War!世界の子どものための平和祭」in ベツレヘムが広島原爆記念日の8月6日、ベツレヘム・ピース・センターでスタートしました。オープニングセレモニーでは、ベツレヘム・ピース・センター、ベイト・ジブリン文化センター、日本国際ボランティアセンター、日本アラブ未来協会の各団体からのスピーチと、広島市長および谷川俊太郎氏のメッセージが読まれ、尺八の演奏が披露されました。また、原爆やサダコについてのポスターが部屋いっぱいに展示され、折り鶴のワークショップも提供されました。

 ■パレスチナでゆかたを着る ■パレスチナでゆかたを着る

このイベントは、今までパレスチナで活動してきた2つの日本のNGOが共同で開催しています。JVCはパレスチナでは1992年から活動を開始しました。1999年8月にラマッラーで「No More War」と名打った子どもたちのための平和展示会を始めて4年目になります。また日本アラブ未来協会は昨年ガザで「第一回世界の子どものためのガザ平和祭」を開催しました。

来場者は学生、家族連れ、宗教関係者、NGO関係者、近所の子どもたち、難民キャンプのこどもたちに加え、付近を警備している警察官などさまざまです。でも、どの人たちもヒロシマ・ナガサキの原爆についてはよく知っています。子どもたちでさえ知っています。学校で習うからと、過去にJVCの展示会や映画上映を見たからということです。

紙風船で遊ぶ子どもたち紙風船で遊ぶ子どもたち

パレスチナでは「人権」や「人道」がとても大切に考えられていて、ヒロシマ・ナガサキを極めて「非人道的」な出来事の象徴として捉えています。来場者の多くは、ヒロシマ・ナガサキの人達におこったことと、今占領下のパレスチナの人に日常的に起こっている「非人道的」な出来事を関連づけて捉えています。
たとえ戦争中であっても「非人道的」な行為は許されない、占領下においても「人権」は護られなければならない。
彼らの切実な願いです。

「ヒロシマ」が「戦争」「原爆」の悲劇の象徴であるだけでなく、「非人道」の象徴であるという考え方は、唯一の被爆国日本が今後国際社会に向けて積極的に訴えていく、新たな必要性と責任を問われているように思いました。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net