アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

妊婦さんを描こうワークショップ

パレスチナ事業担当 看護師 吉野 都 吉野 都
2002年8月29日 更新

アンマンの北西部に位置するプリンスハッサン・キャンプ(通称ナッサル・キャンプ)は、人口約9000人を抱えるパレスチナ難民キャンプであり、1967年に設立された。このキャンプには、Jordan River Foundation (現王女様が1995年に設立したNGOで主に子どものための活動を行っている)が運営している子どもセンターがあり、毎日難民キャンプに住む子どもたちのワークショップを行っている。本日は、「妊婦ママを描こうワークショップ」が開催されることになった。

8歳から14歳の総勢20名が集まった。男女比は半々くらい。私がJVCのマタプロの主旨を、サレムさんに話したので、オリエンテーションで「パレスチナの妊婦さんも危険な目に遭っているが、妊婦さんは尊敬されなければならない存在だ。」とサレムさんから子どもたちにもお話がいったのだろう、イスラエル兵に撃たれる妊婦さんや子どもを描く子どもが多くいた。悲しい事実の絵を描く子どもが大半であった。

パレスチナ人の子どもたちが描いたママの絵は「妊婦を守ろう 9.12報告会」で公表します。パレスチナ人の子どもたちが描いたママの絵は「妊婦を守ろう 9.12報告会」で公表します。

個人的に、妊娠している家族を持つ子どもに、「じゃあお母さんの絵を描いてみない?」「じゃあ妊娠している叔母さんの絵を描いてみようか。」とお話したところ、これもまた嬉しそうに描いてくれた。子どもたちは、ママのお腹が大きくなること、お腹の中に赤ちゃんがいることを純粋に表現していた。「幸せな気持ちになる、早く出てこないかなと楽しみ、毎日お腹の赤ちゃんに話しかけている。」といったような返答があった。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net