アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • パレスチナ最新情報
現地ブログ from パレスチナ

パレスチナ最新情報

パレスチナ駐在の山村が、ガザ地区の様子や東エルサレムでの活動、暮らしをお届けします。

家族と離れてガザから抗がん剤治療に通うムハンマドくん(10歳)

パレスチナ現地代表 山村 順子
2019年1月10日 更新

こんにちは。JVCエルサレム事務所の山村です。今回は、いつもお世話になっているエルサレム事務所・業務補佐の廣本さんが記事を書いてくれました。内容は、ガザからエルサレムの病院に定期的に入院しているムハンマドくん(10歳)との交流に関するお話です。

半年ほど前のある日、JVCガザ事業のパートナー団体の女性からメッセージが届きました。
「親戚の子のムハンマドがガンで東エルサレムの病院に入院するの。ガザから何も持って行くことができなくて、助けを必要としている。お見舞いに行ってもらえないかしら?どうか、お願い...」
といったものでした。その切迫感のあるメッセージを受け、JVC事務所の近くに住む60代の女性サミラさん(仮名)の協力のもと、断食月の最中に、急いで病院に駆け付けたのが始まりでした。次の日には車を持っているサミラさんにお願いして、食料、シャンプー、石鹸などの最低限の生活用品を届けてもらいました。エルサレムはガザに比べて物価も倍以上で、ガザからほとんど着の身着のままで来た彼らにとって、身の回りの物をそろえるのは大変なことです。

ムハンマドくんは、ガザ戦争の際にも大きな被害を受けた、国境とエレズ検問所から近い、「ベイト・ハヌーン」という地域の出身です。ガンで入院する前は学校の成績もよく、とても聡明な子だとのことでした。もともとガザの人を支援したことのあるサミラさんとともに、JVCスタッフはムハンマドくんのお見舞いに定期的に出向くようになりました。

以下、エルサレム事務所・業務補佐の廣本さんによる記事です。

みなさん、こんにちは。エルサレムもすっかり寒くなりました。こちらは石造りの家が多く、家の外よりも中が寒いという状況になっています。今回は東エルサレム事業のモニタリングに行った際のエピソードを紹介したいと思います。

今回訪問したのはハッサン・アッサーニー校です。東エルサレムの、旧市街から近い場所にある学校です。JVCとパートナー団体のMRS(医療救援協会)は、学校保健委員会の生徒たちに様々なトレーニングを提供し、生徒たちが地域の人たちと一緒に、少額の資金を用いて地域の問題を解決するプロジェクトを実施しています。この学校ではボロボロの机と椅子が問題になっており、それを解決することが目下の課題として挙がっていました。まず対象は高学年である7-9年生(日本の中学生にあたります)のクラスの机と椅子の買い替えと修理です。学校保健委員会と、委員会とMRS間のコーディネーターを務める教師の働きもあり、当学校に通う子どもを持つ大工さんが資材を調達し、ボランティアで茶色の塗装をしてくれたとのことでした。資金が足りず、まだあと3クラスほど、机と椅子の修理をしたいクラスが残っていますが、生徒たちの学習環境は格段に良くなったようです。

新しくなった机と椅子で勉強をする生徒たち。新しくなった机と椅子で勉強をする生徒たち。

11月13日未明、パレスチナ・ガザ地区の小児医療支援NGO「Ard El Insan(人間の大地、以下AEI)」代表のアドナーン医師が住むマンションが、イスラエル軍による空爆を受け全壊しました。

現地情勢は、11月11日にイスラエル軍がガザ内部で実施した軍事作戦により、ガザを実効支配するイスラム組織ハマースの軍事司令官など6名のパレスチナ人と1名のイスラエル兵士が死亡したことに端を発し、緊張が高まりました。その後12日より、ガザ側からはハマース等により460発のロケットがイスラエルに向けて発射され、イスラエル側もガザ内部の160箇所を空爆し(ニュースリンク)、双方で9名が死亡、50名以上が負傷しています(ニュースリンク)。13日夕方、エジプト等の仲介により停戦が成立していますが、依然として緊張状態が続いています。

こんにちは、エルサレム事務所の山村です。ガザで「帰還のための大行進」デモが始まってから、もうすぐ7か月になります。人々の暮らしは悪化する一方で、ガザの人たちは尊厳を奪われたまま、心身ともに苦しい生活を強いられています。
JVCが緊急支援を続けているワファ病院の事務局長・バスマンさんに行ったインタビューを共有いたします。

バスマン事務局長。静かに説得力のある話し方で説明してくれた。バスマン事務局長。静かに説得力のある話し方で説明してくれた。

ガザは才能の宝庫!大学生アーティスト、ワラーさんへのインタビュー

パレスチナ現地代表 山村 順子
2018年11月 1日 更新

こんにちは、エルサレム事務所の山村です。今回もガザの人を紹介します。

このたび紹介するのは、JVCパレスチナ事業が毎年一部のサポーター様にお送りしているクリスマスカードの2018年版をデザインしてくれた、ガザ在住の大学生・ワラーさんです。
彼女は大学生である傍ら、「Piece of Palestine」という企業を通じて、彼女の絵が描かれたしおりを販売しています。そのセンス、色彩感覚、スケッチのスキルには定評があり、クリスマスカードが仕上がった際には、予想以上の仕上がりにJVCパレスチナ事業チームも一同驚きました。今回は、そんな彼女にクリスマスカードに込めた想いや、彼女の普段の姿について質問をさせていただきました。

エルサレム事務所の山村です。7月にインタビューのために当病院を訪問させてもらって以来、ことあるごとにメドハット院長(Dr. Medhat Abbas)から直に山村の携帯に、ガザのデモで負傷した患者や、病院の大変な様子が送られてきています。その中には、3月にデモが始まって以降、8月28日までに、デモで103人の医療従事者がイスラエル側の攻撃により負傷したという記事、そして8月7日にデモに参加した青年が、胸と脚を撃たれてその場で倒れこむ一部始終が撮影されたビデオもありました。ここで起きていることをなるべく多くの人に伝え、困窮したガザを救いたいという気持ちがひしひしと伝わってくるものでした。

今回は、9月の4週目に院長にインタビューした内容を紹介したいと思います。このメッセージを一人でも多くの人たちに伝えたいと思っています。

パレスチナ事業サポーターさんのパレスチナ訪問!

人道支援/平和構築グループ担当
2018年10月23日 更新

8月に、日本から4名のお客さまがいらっしゃいました!

パレスチナ事業を支えて下さっているマンスリーサポーターさんとそのご兄弟、ご友人の方々ご一行です。

Japan Culture Night in Jerusalem!
〜エルサレムでパレスチナ人に日本文化を発信!〜

2018年度パレスチナインターン 大川 梨恵
2018年9月13日 更新

こんにちは!早いもので、現地に来てから1ヶ月が経ちました。パレスチナはまだ暑く強い日差しで、日本にいる時より遥かに早いスピードでこんがり焼けていくのを感じています。
留学先だったヨルダンよりも湿気が多く、体感温度が高い気がするため、夏を全身で感じています。

パレスチナ人とイスラエル人が、市民同士で繋がることの意味

2018年度パレスチナインターン 大川 梨恵
2018年8月30日 更新

パレスチナ事業インターンの大川です。現地にインターンとして来てから3週間が経過しました。この前まで、こちらは犠牲祭だったため、みんなそれぞれ実家に帰ったりして家族団欒を過ごしていたようです。犠牲祭の期間はバスなどの交通手段も普段より格段にも少なくなっており、こうやって祝日はみんなしっかり休むところがアラブらしくていいなあと感じています。

学生たちのディスカッション(2)
~女性の社会参画と権利について~

人道支援/平和構築グループ担当 大澤 みずほ
2018年8月28日 更新

翌日、私たちは再びサマーキャンプを訪れました。

テーマは前日の続き、女性の社会参画と権利についてです。

まず、前日のディスカッションを受けて、保守的な地域から参加している3人の男の子たちに、「どう意見が変わったか、もしくは変わらなかったか」という質問をしました。答えは以下の通りです。

  • 男の子① 意見は変わらない、文化は変えられない。
  • 男の子② 50%くらい変わった。
  • 男の子③ 10%くらい変わった。男女の権利は平等だと思うようになった。 女の子も男である自分と同じように自由に出かかるべき。
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net