アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

またしても「最悪の事態」

イラク事業担当 原 文次郎
2006年11月24日 更新

11月23日。日本は勤労感謝の日。米国は感謝祭で知られる。3年前の感謝祭を突然のバグダッド訪問で過ごした米国のブッシュ大統領は、今年は自国でイラク政策の練り直しに追われている。
そしてこの日、イラクでは再び何度目かの「最悪の事態」を迎えた。
 午後3時過ぎ、バグダッド市内、サドルシティを目標に自動車爆弾と迫撃砲による攻撃が加えられ、翌24日時点の報道によると、少なくとも161人が死亡、250人以上が負傷したと伝えられ、1カ所で起きた事件の犠牲者数としては、2003年3月のイラク戦争開戦後、最悪の規模となった。
 この3年の間、イラク人の知人からは、連絡を取るたびに「今が最悪」という言葉を聞かされて来たが、今回もまた「今が最悪」ということになった。特に問題なのは、以前には、それでも「今が最悪だけれども、今後は何とか良くなって欲しい」とせめてもの希望の言葉が聴けたことだったが、ここ数ヶ月の間に、その希望の言葉さえ聞かれなくなってしまったことだ。
 サドルシティでの事件に先立ち、午後12時過ぎから3時過ぎまでの間には、この現場から5kmほど離れたところに位置するイラク保健省のビルが武装集団による襲撃を受けた。30名のマシンガンと迫撃砲を持った一派による攻撃は、米軍とイラク軍が駆けつけるまでの間続き、ビルの警備7名ほどが負傷したと伝えられる。

続きを読む

????????????????????????
?110-8605?????????5-22-1 ????4F ????
TEL?03-3834-2388?FAX?03-3835-0519?E-mail?info@ngo-jvc.net