アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ピースヤードの活動を実施しました。
現地情勢はなお不安定です。

JVCイラク事業チーム補佐 中野 恵美
2020年3月 3日 更新

イラクでは今も一部でISの残党との戦いが続いています。また、昨秋からは汚職等に反発するデモ隊と政府側が衝突、約500人が死亡する事態になっています。

このような中、私たちは現地NGO「インサーン」の協力により、「ピースヤード(平和のひろば)」を実施、10月7日から12月14日までの約2か月間、7歳から13歳の子どもたち57人が参加しました。地元キルクークの子、他地域から避難して来た子、アラブ系の子、クルド系の子、少数民族の子など、様々な子どもたちがいます。

INSANスタッフのラミアさんと子どもたちINSANスタッフのラミアさんと子どもたち

治安が悪い中、まずは安全な環境で、安心して集まれることが重要です。最初は緊張感がありますが、一緒に体を動かすゲームなどを通し、少しずつ打ち解けていきます。専門家によるカウンセリングも実施しました。多くの子が家族の誰かを失っており、ISとの戦闘から逃げてきて心身に傷を負っている子もいます。安心できる環境で、子どもたちは少しずつ心の安定や自己肯定感を取り戻していきます。さらに、映像や寸劇などを通じ、人権や平和共生という価値観を伝えます。集団で過ごす中で、協調性・社会性・自主性も育みます。

バスケットボールのシュートを楽しむ子どもたち。治安が悪いためふだん外で自由に遊ぶことはできない。バスケットボールのシュートを楽しむ子どもたち。治安が悪いためふだん外で自由に遊ぶことはできない。
民族や宗派が異なる子どもたちが交流し、平和・共生について学ぶ民族や宗派が異なる子どもたちが交流し、平和・共生について学ぶ

混乱の中で学校に行く機会を失っている子もいます。学校に通えていても、民族別の学校編成のため他民族の子と知り合う機会はありません。美術や音楽の授業はなく、体育は軍事教練のような内容です。「ピースヤード」は、子どもたちが交流しつつ様々な体験ができる貴重な場です。

ファシリテーターのラミアさんと笑顔の子どもたちファシリテーターのラミアさんと笑顔の子どもたち

年明け早々には米国によりイランの司令官がイラク国内で殺害され、緊張もさらに高まっています。混乱の中、「IS」が再び力を持つことも懸念されます。 今後もどうぞ引き続き応援をお願いいたします。

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net